下層階キービジュアル
おとなのにほんご
がいこくにルーツをもつこども Lingua materna
がいこくじんのためのそうだん Advice for  Foreign Residents
外国人県民の暮らしや学びを支えたい ・ボランティアを始めたい
educational tours in hyogo(jp)
educational tours in hyogo(ch)
兵庫でホームステイ体験 Homestays in Hyogo
兵庫を訪ねたい Visiting Captivating  Hyogo

COME HIA Blog

(公財)兵庫県国際交流協会からのお知らせ情報ブログです。
 最近の動き vol.119◆中国 広州地区日本語弁論大会新人の部優勝者が来県!
 
2015-03-17
兵庫県の友好提携先の1つである中国 広東省の州都・広州市では、毎年、華南地区最大の日本語弁論大会で、在広州日本総領事館等が主催する「広州地区大学生日本語弁論大会」が開催されています。
兵庫県がこの大会に協賛していることから、新人の部(学習歴3年未満かつ留学歴なし)の優勝者には、兵庫県知事賞の副賞として、兵庫県への研修旅行が贈られます。
昨年12月に開催された第27回大会の新人の部で優勝した、広東外語外貿大学2年生の馮 楚婷(ヒョウ ソテイ)さんが3月9日から15日までの7日間来県しました。

滞在中は陳神戸華僑総会副会長、齋藤HIA理事長、岡田兵庫県国際局長を表敬訪問したほか、姫路城・書写山、有馬温泉などを見学、また県内の一般家庭に滞在し、日本の家庭生活を体験しました。
そして神戸市外国語大学を訪問し、同大学の中国語学科学生と交流しました。

大学に到着すると、春休み期間中にも関わらず集まってくださった学生有志が中国語で自己紹介。すぐに打ち解け、キャンパスツアーに出かけました。

外大キャンパスツアー

学生生協、講義室、キャリアサポートセンターなどに案内され、馮さんは、掲示板や外大オリジナルグッズなどを興味深そうに見ていました。

外大掲示板

最後に案内された図書館では、司書の方は、院生・教員しか入れない書庫にまでご案内くださいました。中国の古書や、日本の大学では神戸市外大が唯一所有しているという毛沢東写真集を見て、馮さんだけでなく、日本人学生も驚いていました。

外大図書館

学生食堂での昼食後、弓道部など部活動を見学した後、講義室で交流茶話会を開催しました。
まず、馮さんがパワーポイントを使用しながら、故郷の仏山市や広州市、自身が通う大学の紹介、自身の日本語との関わりについて、流暢な日本語で紹介。同席していた中国科の准教授もその日本語レベルの高さに驚かれていました。また、学生たちとは好きなアイドルグループやテレビ番組の話で大変盛り上がり、さらに意気投合しました。
続いて、日本の学生たちからは、毎年12月に外大の各学科有志学生による各々の専攻語を用いた劇を上演する伝統行事「語劇祭」で、昨年発表した劇「毒薬」のDVD上映がありました。どのような準備を毎年して上演しているか、詳しく説明を受けた馮さんも、そのプロ並みの演劇に感心していました。

外大プレゼン

大変短い時間でしたが、日本の同世代の若者といろいろ話ができ、馮さんにとっていい経験となったようです。今回の出会いがきっかけとなり、日中の学生達は、今後さらに勉学に励み、将来、兵庫県・広東省、そして日中の友好交流で活躍してくれるでしょう。

外大集合写真



Trackback Ping URL
http://www.hyogo-ip.or.jp/trackback/SBRzuegN_v8bP_Wo0.html

公益財団法人 兵庫県国際交流協会
〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1丁目5番1号 国際健康開発センター2F TEL 078-230-3260 FAX 078-230-3280
「本サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載、引用を禁じます。」 Copyright(C) Hyogo International Association AllRights Reserved.