下層階キービジュアル
おとなのにほんご
がいこくにルーツをもつこども Lingua materna
がいこくじんのためのそうだん Advice for  Foreign Residents
外国人県民の暮らしや学びを支えたい ・ボランティアを始めたい
educational tours in hyogo(jp)
educational tours in hyogo(ch)
兵庫でホームステイ体験 Homestays in Hyogo
兵庫を訪ねたい Visiting Captivating  Hyogo

COME HIA Blog

(公財)兵庫県国際交流協会からのお知らせ情報ブログです。
 最近の動き vol.140
◆JICA青年海外協力隊発足50周年企画 タンザニア写真展 ~ザンジバルのジャーナリストが撮った「アフリカの日常」~ 開催中! 10/30まで 
 
2015-10-09
 ひょうご国際プラザ 交流ギャラリーでは、独立行政法人 国際協力機構(JICA)青年海外協力隊発足50周年企画展の一環として、タンザニア写真展~ザンジバルの現地ジャーナリストが取った「アフリカの日常」~を開催しています。この50年で青年海外協力隊の派遣は88カ国に広がり、医療・教育・農業などさまざまな分野で活動しています。写真もそのひとつです。
 展示中の写真は、ザンジバル革命政府の研修センターに写真技術指導員として派遣されていた 松田光広さんが開催した写真講座 (2013~2015年) の受講生の作品です。この講座では、カメラ初心者のジャーナリストや新聞局のプロフォトグラファーなどが一緒に2年間の研修を受けました。「研修を経て、受講生たちの力量が上がりました。そのがんばりがなによりもうれしいです」と松田さん。
 JICAボランティアのこれまでの歩みをパネルで振り返りつつ、アフリカの豊かな日常を切り取った色鮮やかな写真50点をお楽しみ下さい。


JICAタンザニア写真展 Mr.Matsuda-1
現地の研修センターで写真技術を指導した松田光広さん - JICAボランティアの歴史パネルの前にて 
松田 光広さん【ボランティア通信】


JICAタンザニア写真展-3
どの写真も、とてもカラフル



JICAタンザニア写真展 Mr.Matsuda-2
「受講生たちが今後も写真発表の場をもちながら、ザンジバルの写真界を発展させていってほしい」



JICAタンザニア写真展-4
美しい自然と子どもたちの笑顔に心がなごみます

公益財団法人 兵庫県国際交流協会
〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1丁目5番1号 国際健康開発センター2F TEL 078-230-3260 FAX 078-230-3280
「本サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載、引用を禁じます。」 Copyright(C) Hyogo International Association AllRights Reserved.