下層階キービジュアル
おとなのにほんご
がいこくにルーツをもつこども Lingua materna
がいこくじんのためのそうだん Advice for  Foreign Residents
外国人県民の暮らしや学びを支えたい ・ボランティアを始めたい
educational tours in hyogo(jp)
educational tours in hyogo(ch)
兵庫でホームステイ体験 Homestays in Hyogo
兵庫を訪ねたい Visiting Captivating  Hyogo

COME HIA Blog

(公財)兵庫県国際交流協会からのお知らせ情報ブログです。
 最近の動き vol.144
◆中国・海南省とロシア・ハバロフスク地方からひょうご海外研修員が来県しました!
 
2015-11-05
9月29日(火)、兵庫県の友好提携先の1つである中国の海南省から2名の研修員が来県しました。
蔡園園(サイ・ユァンユァン)さんは海南外国語職業学院の日本語教師。
王義彪(ワン・イビァオ)さんは海南省人民病院の脳神経外科医です。
また、10月9日(金)には同じく友好提携先のロシア・ハバロフスク地方から、麻酔科医のアレクセイ・コトフさんが到着しました。
それぞれ、専門知識を深めるために兵庫県内で精力的に活動しています。

研修員(海南省)1
左から、蔡さん、王さん、コトフさん

海南省の蔡さんは、県内の語学専門学校で研修を受けるほか、HIAが実施している日本語講座のお手伝いをしながら、日本語教授法について学びます。
大学生のときに日本語能力試験1級に合格したという蔡さん。
「兵庫県のみなさんとたくさんお話して、日本語の運用能力をさらに磨きたい」と意気込んでいます。

研修員(海南省)2
蔡さん(手前)はHIAで研修中

海南省の王さんは県内の大学病院で研修します。
「日本の最先端の技術と最新の理論を学びに来ました」と語る王さんは、来日3日目にさっそく研修を開始しました。
また、HIAの日本語講座にも参加しています。
海南省の両名は12月25日(金)に帰国する予定です。

研修員(海南省)3
放射線治療について解説する王さん

ハバロフスク地方のコトフさんも県内の大学病院で研修しました。
ウェイトトレーニングが趣味のコトフさんは、日本のおいしい肉料理と魚料理にご満悦の様子でした。
また、滞在期間は3週間と短かったのですが、姫路城と神戸医療産業都市を訪問し、兵庫県がすっかり気に入ったようでした。

研修員(ハバロフスク地方)4
コトフさん、かもめんに遭遇

公益財団法人 兵庫県国際交流協会
〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1丁目5番1号 国際健康開発センター2F TEL 078-230-3260 FAX 078-230-3280
「本サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載、引用を禁じます。」 Copyright(C) Hyogo International Association AllRights Reserved.