下層階キービジュアル
おとなのにほんご
がいこくにルーツをもつこども Lingua materna
がいこくじんのためのそうだん Advice for  Foreign Residents
外国人県民の暮らしや学びを支えたい ・ボランティアを始めたい
educational tours in hyogo(jp)
educational tours in hyogo(ch)
兵庫でホームステイ体験 Homestays in Hyogo
兵庫を訪ねたい Visiting Captivating  Hyogo

COME HIA Blog

(公財)兵庫県国際交流協会からのお知らせ情報ブログです。
 最近の動き vol.155
◆中国(海南省)からの研修員が無事に研修を終了しました!
 
2016-01-06
兵庫県との友好25周年を迎える中国(海南省)より、9月29日に来県した研修員の 蔡 園園(サイ ユァンユァン)さんと 王 義彪(ワン イビャオ)さんが無事研修を終了しました。
蔡さんは海南外国語職業学院の日本語教師、王さんは海南省人民病院の神経外科医師であり、2人とも自身の専門分野をより向上させるため、研修を受けてきました。
12月22日の研修報告会では、蔡さんは日本語で、王さんは英語でそれぞれの研修成果についてプレゼンテーションをおこないました。

蔡さんは、「今回の研修を通して、中国にはない日本語の教え方を学ぶことができた。日本と中国は元々違う文化があり、違う言語を使っている人々同士の交流は難しい。日本語を通じて互いにコミュニケーションを取り合ったり、お互いに自分の国の習慣や文化、考え方などを伝えたりできるようになることがどんなに面白いかを伝えたい。帰国後は、『もう1度ゼロから出発しよう』と、自分の日本語能力をより一層高める決心をした」と発表しました。

研修報告会 蔡さん
模擬授業をおこなう蔡さん

王さんは、慣れない日本語での医療現場に、日々、奮闘してきました。「今回の研修を通して、脳神経外科医としての技術を磨くことができた。これからは、先進的な医療機器はもちろん、日本の病院の画期的なシステム、患者を一番に考える日本独特の気遣いも取り入れ、自分の病院をさらに良くしていきたい。また、いつか兵庫医科大学病院の医師を講師として自分の病院に招き、ほかの医師にも医療技術を教えてもらいたい」と発表しました。

研修報告会 王さん
脳神経外科の担当教員と王さん


2人は、12月25日に、「これからも、新たに任命を受けた「ひょうご友好親善大使」として、兵庫県の魅力について発信し、中国と兵庫県との架け橋になりたい」との決意を述べ中国(海南省)へ帰国しました。


公益財団法人 兵庫県国際交流協会
〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1丁目5番1号 国際健康開発センター2F TEL 078-230-3260 FAX 078-230-3280
「本サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載、引用を禁じます。」 Copyright(C) Hyogo International Association AllRights Reserved.