ホーム > HIAについて > ComeHIA blog > 2019年度 > イザ!美かえる大キャラバン!2020 (2020年2月2日)

更新日:2020年3月30日

ここから本文です。

イザ!美かえる大キャラバン!2020 (2020年2月2日)

 2020年2月2日(日曜日)にJICA関西及び人と防災未来センターで開催された防災イベント「イザ!美かえる大キャラバン!2020」に兵庫県国際交流協会もブースを出展しました。阪神・淡路大震災から25年の節目の年となった今年は、段ボールハウスの暗闇の中からペットボトルランタンの光を利用して国旗を探す「ペットボトルランタンハウス」、避難時に持ち出す防災グッズを英語で学ぶ「災害にそなえて『防災バッグ』を作ろう!」の2種類のプログラムを実施し、たくさんの方が参加されました。

 懐中電灯の光と異なり、拡散的に灯るペットボトルの光を参加者に体験してもらい、災害時への活用方法を紹介するとともに、ユアン国際交流員(アメリカ出身)と英語で防災グッズを学ぶ体験を通して、日常的に災害に備えることの必要性をPRしました。

 また、プレイベントとして1月6日(月曜日)~24日(金曜日)の期間には、ひょうご国際プラザにおいて、阪神・淡路大震災の被災から復興までの写真や日本語、英語と中国語で書かれた「防災ポスター」を展示し、被災未経験の世代へ自然災害の恐ろしさと教訓を伝えました。

  様々な面で国際化が進む中、災害発生時に外国人住民へ円滑な情報伝達ができるよう、次世代の子どもたちに危機管理と言語の重要性を改めて実感してもらえるイベントとなりました。

 

プレイベント ランタンハウス

 

 

スマートフォン版を表示する