ホーム > HIAについて > ComeHIA blog > 2019年度 > 2019年度第2回食文化交流教室(2019年12月6日)

更新日:2020年3月27日

ここから本文です。

2019年度第2回食文化交流教室(2019年12月6日)

12月6日(金曜日)、兵庫県立神戸生活創造センターで韓国食文化交流教室を実施しました。5月に行った明石ダコを使って作る韓国料理教室に続き、駐神戸大韓民国総領事館シェフの料理教室シリーズ第2弾でした。同総領事館と兵庫県、そして今回会場を提供いただいた兵庫県立神戸生活創造センターとの共催で、前回に引き続き兵庫県漁業協同組合連合会にも、食材の瀬戸内産活きワタリガニ(ガザミ)の用意にご協力いただきました。

 料理教室では、まず総領事館シェフにこれから作る料理に関する講義をしていただき、その後韓国の高級料理カンジャンケジャン(カニの醤油漬け)とヤンニョムケジャン(カニのソース和え)を調理しました。参加者は、熱心にシェフの説明を聞きながら活きたカニの調理に挑戦し、出来上がった料理をご飯にのせて試食しました。また、カンジャンケジャンは醤油に1週間漬けてから食べる料理のため、当日作ったものは持ち帰るという特典もあり、好評の会となりました。

 

ヤンニョムケジャン 試食会

 

 

スマートフォン版を表示する