下層階キービジュアル
おとなのにほんご
がいこくにルーツをもつこども Lingua materna
がいこくじんのためのそうだん Advice for  Foreign Residents
外国人県民の暮らしや学びを支えたい ・ボランティアを始めたい
educational tours in hyogo(jp)
educational tours in hyogo(ch)
兵庫でホームステイ体験 Homestays in Hyogo
兵庫を訪ねたい Visiting Captivating  Hyogo

外国人県民の居場所づくり事業 取り組み事例紹介

外国人県民の居場所づくり事業 取り組み事例の紹介です。
 ⇒取り組み事例 取材先一覧に戻る
 岡本日本語教室(中国「残留日本人孤児」を支援する兵庫の会
 
2017年07月27日(木)
神戸市東灘区にある岡本日本語教室を訪問しました。
阪急電車岡本駅から歩いてすぐのビルの中に教室はあります。
取材した時は、夏休み期間中ということもあり、生活講座でのみそ汁作りが行なわれていました。
はじめに、日本の歌謡曲をみんなで歌って発声練習です。先生から説明を聞いた後、いよいよお目当てのみそ汁作りを始めます。
スタッフやボランティアの人も協力しながら、テーブルごとに鍋でお湯を沸かしたり、出汁をとったり、具材を包丁で切ったり、教室の中は楽しそうな笑い声や、おいしそうな匂いが立ち込めます。
取材者も味見させてもらいました。いずれの鍋もみその風味と出汁のバランスがよく、具沢山でとてもおいしかったです。
他府県から通っているという利用者の方にもお会いしました。その方の自宅の周辺にも日本語教室はあるそうですが、この教室の先生や利用者との会話を楽しみたくて、片道3時間かけて電車で来ているとのこと。
利用者が時間をかけても通いたいと感じる魅力のある教室と感じました。

005

010

023

住 所:神戸市東灘区岡本1-14-10岡本住宅ビル3階
最寄駅:JR摂津本山駅、阪急岡本駅
教室開催日:木曜日13:30~15:30
受講費:無料
連絡先:078-412-2228
備 考:対象は中国残留日本人孤児、配偶者、2世及び3世


公益財団法人 兵庫県国際交流協会
〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1丁目5番1号 国際健康開発センター2F TEL 078-230-3260 FAX 078-230-3280
「本サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載、引用を禁じます。」 Copyright(C) Hyogo International Association AllRights Reserved.