下層階キービジュアル
おとなのにほんご
がいこくにルーツをもつこども Lingua materna
がいこくじんのためのそうだん Advice for  Foreign Residents
外国人県民の暮らしや学びを支えたい ・ボランティアを始めたい
educational tours in hyogo(jp)
educational tours in hyogo(ch)
兵庫でホームステイ体験 Homestays in Hyogo
兵庫を訪ねたい Visiting Captivating  Hyogo

外国人児童生徒の居場所づくり事業 取り組み事例紹介

外国人児童生徒の居場所づくり事業 取り組み事例の紹介です。
 ⇒取り組み事例 取材先一覧に戻る
 こうべこどもにこにこかい(こうべ子どもにこにこ会)
 
2017年11月18日(土) 曇り
「こうべこどもにこにこかい」では まいしゅう どようびと もくようび 16じから18じまで ほんじょうちいきふくしセンターで ぼごや にほんごで がっこうの しゅくだいや べんきょうを しています。

なつやすみや ふゆやすみの しゅくだいきょうしつや、あきの たぶんかフェスティバルふかえで カフェを だしたり、パーティや かきぞめ、 せつぶんや ひなまつりの イベントもあります。

ばしょは、こうべし ひがしなだく ほんじょうちょう 2-5-1です。JRこうなんやまてえきか はんしんふかええきから あるいて 8ふんほどです。

べんきょうを したいひとは でんわか メールを してください。

でんわ:078-453-7440 メール:kobekodomo_nikonikokai@yahoo.co.jpにこにこ会1 にこにこ会2


【団体紹介】
2002年に発足し、神戸市東灘地域を中心に多様な文化や社会背景を持った子どもたちへの日本語・教科、母語の学習や、学校を含む生活面でのサポートを通して彼らの居場所づくり、情報発信等に取り組むNPOです。国籍やルーツに関係なく、全ての子どもたち一人ひとりが多様性を尊重し、社会で自立していけることを願って、「地域連携」による、よりよい環境づくりにも積極的に取り組んでいます。

【訪問場所】 
本庄地域福祉センター(神戸市東灘区本庄町2-5-1)

【教室の様子】
 本庄地域福祉センターにて毎週木・土曜日に行っている、外国人児童生徒向けの日本語・母語による教科学習支援教を訪問しました。
ボランティアの方々が子どもたちのレベルやニーズに合わせ、原則マンツーマンで学習支援を行っています。夏休みや冬休みの宿題や高校受験に向けた試験対策にも対応し、にこにこ会OGの現役大学生の体験談を聞く機会もあります。
また、学習だけでなく季節のイベントを通じて地域の子どもたちやシニアの方々と楽しく交流を図っています。
ボランティアの方々の協力により、まさに地域の子どもたちやその保護者の「居場所」となっている教室でした。

【平成29年度外国人県民・児童生徒の居場所づくり事業実施メニュー】
・日本語教室・日本語による教科学習教室(外国人児童生徒向け)
・母語教室・母語による教科学習支援(外国人児童生徒向け)
・先輩に聞こう!(外国人児童生徒向け)
・こころや進路のカウンセリング(外国人児童生徒向け)
・活動支援(外国人児童生徒向け)
・進学に向けた教科学習集中支援教室(外国人児童生徒向け)


公益財団法人 兵庫県国際交流協会
〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1丁目5番1号 国際健康開発センター2F TEL 078-230-3260 FAX 078-230-3280
「本サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載、引用を禁じます。」 Copyright(C) Hyogo International Association AllRights Reserved.