下層階キービジュアル
おとなのにほんご
がいこくにルーツをもつこども Lingua materna
がいこくじんのためのそうだん Advice for  Foreign Residents
外国人県民の暮らしや学びを支えたい ・ボランティアを始めたい
educational tours in hyogo(jp)
educational tours in hyogo(ch)
兵庫でホームステイ体験 Homestays in Hyogo
兵庫を訪ねたい Visiting Captivating  Hyogo

交流ギャラリー開催イベント

「関西ブラジル人コミュニティの活動を通して感じるブラジル展」(2016.5.27~6.24)を開催しています。

 NPO法人関西ブラジル人コミュニティCBKは日本に住むブラジル人が地域の一員と
して生活していくために、そして日本社会がブラジル人を理解できるよう交流を深める
活動をしています。
 今年はリオデジャネイロでオリンピックが開催されます。
 関西ブラジル人コミュニティの活動を通じてブラジルを感じてください。
 
期  間: 平成28年5月27日(金)~6月24日(金)
      平日 10時30分~18時30分、土・日 休館

会  場: 兵庫県国際交流協会 交流ギャラリー 
      神戸市中央区脇浜海岸通1-5-1(HAT神戸)

展示内容: 関西ブラジル人コミュニティの活動紹介 写真・絵 約35点

入 場 料: 無料

主  催: 公益財団法人 兵庫県国際交流協会

協  力: NPO法人 関西ブラジル人コミュニティCBK

問 合 せ: 公益財団法人兵庫県国際交流協会 企画広報課
      TEL:078-230-3267

チラシはこちら チラシはこちら 1Page 806.5Kbyte





「夢列車 兵庫とネパールを結ぶ 気持ちのメッセージ 絵画展」(2016.7.5~7.28)を開催します。

ひょうご国際プラザ - 交流ギャラリー - 開催イベント
「夢列車 兵庫とネパールを結ぶ 気持ちのメッセージ 絵画展」(2016.7.5~7.28)

 NPO法人ラリグラスはネパール女性の地位向上や自立支援、介護・衛生知識の向上に
関する活動を行なっています。電車が走っていない国で、夢の乗り物「電車」を描いた筋ジストロフィーの青年の遺作など障がい者の少年達の絵画を展示しています。
 今年は日本ネパール外交関係樹立60周年の記念年です。
 ネパールの青少年たちの絵画を通してネパールを身近に感じてください。
 ラリグラスとはヒマラヤの山々を見上げるように咲き誇る国花シャクナゲを意味します。
 
期  間:平成28年7月5日(火)~7月28日(木)
平日 10時30分~18時30分、土・日・祝 休館

会  場:兵庫県国際交流協会 交流ギャラリー 
     神戸市中央区脇浜海岸通1-5-1(HAT神戸)

展示内容:NPO法人 ラリグラスの活動紹介 絵など 約40点

入 場 料:無料

主  催:公益財団法人 兵庫県国際交流協会

共  催:NPO法人 ラリグラス

問 合 せ:公益財団法人兵庫県国際交流協会 企画広報課
TEL:078-230-3267

チラシはこちら チラシはこちら 1Page 718.1Kbyte









「ミャンマー 昨日・今日・明日 写真展」(2016.9.1~9.30)を開催しています。

交流ギャラリー - 開催イベント
「ミャンマー 昨日・今日・明日 写真展」2016.9.1~9.30

ミャンマーで学校建設や教育支援を行っている団体「ミャンマー関西」の
活動の様子やミャンマーの国土・歴史を紹介する写真・グッズなどを展示しています。

期 間:平成28年9月1日(木)~9月30日(金)
   平日 10時30分~18時30分 土・日・祝 休館
   ただし、9月1日(木)は13時 開館

会 場:兵庫県国際交流協会 交流ギャラリー
   神戸市中央区脇浜海岸通1-5-1(HAT神戸)

展示内容:ミャンマー関西の活動紹介 写真など約50点

入場料:無料

主 催:公益財団法人 兵庫県国際交流協会

共 催:ミャンマー関西

問合せ:公益財団法人 兵庫県国際交流協会 企画広報課
TEL:078-230-3267


「エマージェンシー活動紹介パネル展~人権としての医療~」2016.10.6~10.28

交流ギャラリー - 開催イベント
「エマージェンシー活動紹介パネル展~人権としての医療~」2016.10.6~10.28

エマージェンシーは1994年イタリア・ミラノで設立された団体。
世界の紛争地域でこれまで17カ国700万人以上を無償で治療してきました。
現在はアフガニスタン、イラク、シエラレオネ、スーダン、中央アフリカ共和国、リビアで活動しています。これからも政治、思想、宗教に関わらず、世界各地の紛争地域において無償で医療活動を続けるエマージェンシーの活動を報告します。

期 間:平成28年10月6日(木)~10月28日(金)
   平日 10時30分~18時30分 土・日・祝 休館

会 場:兵庫県国際交流協会 交流ギャラリー
   神戸市中央区脇浜海岸通1-5-1(HAT神戸)

展示内容:エマージェンシーの活動紹介 写真など約50点

入場料:無料

主 催:公益財団法人 兵庫県国際交流協会

共 催:エマージェンシー ジャパン

問合せ:公益財団法人 兵庫県国際交流協会 企画広報課
TEL:078-230-3267


神戸学院大学 写真展「日本再発見」を開催します 2016.11.9~11.28

【期 間】2016年11月9日(水)~11月28日(月)
平日 10時30分~18時30分、土・日・祝 休館
     
【会 場】兵庫県国際交流協会 交流ギャラリー 
【入場料】無料
【展示内容】神戸学院大学「日本美撮影」デジカメ部と留学生会、外国人職員や
      日本人学生が主に兵庫県内て撮った、四季折々の風景やキャンパスライフ
      などの写真を展示します。
      カメラのファインダーを通して切り取った「美しき日本」を再発見して
      ください。



【問合先】 兵庫県国際交流協会 企画広報課
      TEL: 078-230-3267

 

「にっぽんー大使たちの視線2016」写真展を開催します 12.1~2017.1.12

「にっぽんー大使たちの視線」写真展は今年で19回目となります。この写真展では、毎回与えられるテーマにそって、各国大使や外交官が「にっぽんの今」を写真におさめます。
今回のテーマは「Scintillating JAPAN」です。
【期間】2016年12月1日(木)~2017年1月12日(木)
    10:30~18:30 土・日・祝・年末年始(12/29~1/3)休館
【会場】兵庫県国際交流協会 交流ギャラリー
    神戸市中央区脇浜海岸通1-5-1 県立美術館西隣りのビル2F
【入場料】無料
【展示内容】日本駐在各国の大使や外交官の写真 約70点
【主催】「にっぽんー大使たちの視線」写真展実行委員会
【共催】(公財)兵庫県国際交流協会
【問合せ先】兵庫県国際交流協会 企画広報課
      TEL:078-230-3267

12.1 大使たちの視線2016 セミナー参加者募集中

交流ギャラリーにて開催する「にっぽんー大使たちの視線2016」写真展のセミナーを開催します。展覧会ディレクターの解説を聞きながら、作品をより身近に感じてください。   参加ご希望者は企画広報課へお申込ください。078-230-3267 FAX:078-230-3280
【期日】2016年12月1日(木) 14:00~15:30
【会場】兵庫県国際交流協会 交流ギャラリー

「イザ!カエルキャラバン!」パネル展 ~海をこえて 広がる 楽しい防災訓練~

【期 間】2017年 1月16日(月)~2017年 2月10日(金)平日10時30分~18時30分

【会 場】兵庫県国際交流協会 交流ギャラリー

【内 容】阪神・淡路大震災から得た教訓をゲームなど誰もが楽しめる方法で知ることができるイベント「イザ!カエルキャラバン!」。神戸から日本中に広がり、そして現在世界各国でその国に対応した「イザ!カエルキャラバン!」が実施されており、その様子を紹介します。

【入場料】無料

【問合先】兵庫県国際交流協会 企画広報課
   TEL:078-230-3267

(関連イベント)
*「ひょうご国際プラザ」でカエルをさがそう!
http://www.hyogo-ip.or.jp/cooperation/subsidy/cooperation04/


*HAT神戸連携防災イベント「イザ!美かえる大キャラバン!2017」
http://kaeru-caravan.jp/schedule/hat2017

アジア子ども絵日記フェスタ 

 「アジア子ども絵日記フェスタ パネル展」2017.2.23~3.16

 
【期間】2017年2月23日(木)~3月16日(木) 
    平日10:30~18:30 土・日 休館

【会場】兵庫県国際交流協会 交流ギャラリー
    HAT神戸 県立美術館の西隣ビル 2階

【入場料】無料

【内容】アジア子ども絵日記フェスタは、アジアの国と地域の6歳から12歳までの子どもたちに呼びかけ「絵日記」を集めています。今回は、第12期(2015年-2016年)の応募作品の中からグランプリ作品をパネルにして展示します。それぞれの作品は、豊かな色づかいや個性あふれる方法で描かれ、すばらしい自然や文化、習慣、伝統など毎日の生活を表現しています。
 ぜひ、アジアの子どもたちの世界をのぞきに来てください。
 
【問合せ先】兵庫県国際交流協会 企画広報課
      078-230-3267

「マレーシアの障害者が作るバティック作品展」(2017.6.6~6.28)を開催します。

マレーシアの障害児・者が制作したバティック作品を展示します。
バティックは「ろうけつ染め」の技法を用いた伝統的な布の染色方法です。
障害児・者がその伝統文化の継承を担いバティック作品を制作していること、その活動に国際協力機構(JICA)マレーシアの隊員が携わり支援していることを作品やパネル等で紹介します。

期間:2017年6月6日(火)~6月28日(水)
     10:30~18:30(土・日・祝休館)
会場:兵庫県国際交流協会 交流ギャラリー
展示内容:作品・パネル等 約48点
入場料:無料

主催:公益財団法人 兵庫県国際交流協会
協  力: 独立行政法人 国際協力機構(JICA)
問 合 せ: 公益財団法人兵庫県国際交流協会 海外事業推進課
TEL:078-230-3262

バティック展関連ワークショップ「バティックを作ろう」を開催します。

日 時:第1回 6月 9日(金)1部10:30~12:00
                 2部13:30~15:00
     第2回 6月15日(木)1部13:30~15:00
                 2部15:30~17:00
会場:兵庫県国際交流協会 交流ギャラリー
内 容:元JICAマレーシア隊員による支援活動紹介のあと、実際にバティック作品を制作します。
講師:元JICAマレーシア障害者児・者支援隊員 加藤 佳恵氏
参加費:無料  ※前日までに要予約(各回7名程度)

申込・問合先:兵庫県国際交流協会 海外事業推進課
TEL:078-230-3262(土・日・祝を除く9:00~17:30)

セーブ・ザ・チルドレンと世界の子どもたち絵画展・写真展を開催します。

 
セーブ・ザ・チルドレンは、世界中で「子どもの権利」が実現されるために活動する子ども支援専門の国際組織です。紛争が続くシリア、紛争後の復興を歩むミャンマー、2年連続の寒雪害の被害を受けるモンゴル・・・。そうした国々での支援活動の中で出会った子どもたちが描いた絵画や、力強く生きる子どもたちの表情を捉えた写真の展示する絵画展・写真展を開催します。
 
【期  間】 平成29年7月3日(月)~7月27日(木)
       10:30~18:30 (土・日・祝休館)※最終日は17:00まで

       ◆3つのイベントを開催します。(A、Bは事前予約必要)
       A.セミナー「体験!セーブ・ザ・チルドレンの子どもの心の応急手当て」
        平成29年7月14日(金)13:00~15:30 定員30名
        ●「子どものための心理的応急措置」の紹介
        ●ストレスを抱えた子どもとのコミュニケーションの取り方を学ぼう(講義+実技)
        ●セーブ・ザ・チルドレンの活動紹介
         
       B.ワークショップ「体験しよう!セーブ・ザ・チルドレンの駐在員」
        平成29年7月27日(木)13:00~14:30 定員20名
        ●セーブ・ザ・チルドレンの活動紹介
        ●なんでも質問タイム
        
       C.「関西サポーター交流会」
        平成29年7月27日(木)15:00~17:00 定員なし
        事前予約は必要ありません。また、時間中の入退場も自由です。

【会  場】  ひょうご国際プラザ 交流ギャラリー 神戸市中央区脇浜海岸通1-5-1

【主  催】  公益社団法人 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン

【共  催】  公益財団法人 兵庫県国際交流協会 
 
【展示内容】  パネル 50点

【入 場 料】  無 料 

【予 約 先】 公益社団法人 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン 大阪事務所
        TEL:06-6232-7000

【問い合せ先】公益財団法人 兵庫県国際交流協会 海外事業推進課
TEL:078-230-3262

「北方領土パネル展」を開催します。

日本固有の領土「北方領土」について学ぶパネル展を開催します。

期  間: 平成29年8月1日(火)~8月31日(木) 
      10:30~18:30 (土・日・祝休館)
      ※初日は12:00から、最終日は15:00まで

会  場:ひょうご国際プラザ  交流ギャラリー

展示内容: パネル約50点

入 場 料: 無料

主  催: 北方領土返還運動兵庫県推進会議

問 合 せ: 北方領土返還運動兵庫県推進会議
     TEL:078-362-3020

「豊富多彩な神戸学院大学の留学生交流 写真展」を開催します。

1 概  要   神戸学院大学では6カ国・90人の留学生が、学問に励みつつ大学内外
         で積極的に行事参加しています。留学生が参加した多彩な行事の様子や、
         日常のキャンパスライフでの留学生の豊かな表情をパネル展示します。
         “大好きな大学の仲間”と“大好きなニッポン-ひょうご・神戸-”で、
         時間と空間を共有している姿をカメラのファインダー越しに覗きながら
         「豊富多彩な神戸学院大学の留学生交流」を紹介します。


2 期  間   平成29年9月26日(火)~10月12日(木)(土・日・祝休館)
         10:30~18:30


3 展示内容   写真パネル 約60点


4 入 場 料   無 料 


5 会  場   ひょうご国際プラザ 交流ギャラリー 
         神戸市中央区脇浜海岸通1-5-1 国際健康開発センター2F


6 主  催   公益財団法人 兵庫県国際交流協会


7 共  催   神戸学院大学国際交流センター 


8 協  力   神戸学院大学「日本美撮影」デジタル部・留学生会


9 問合せ先   公益財団法人 兵庫県国際交流協会 海外事業推進課
         TEL:078-230-3262(受付:平日9:00~17:30)


「六甲山コレクション展」を開催します。

概  要:六甲山の歴史の中で「明治・大正期」「昭和初期」の2つの時代に焦点を当て、
     当時の様子がうかがえる写真や資料をパネルで紹介する特別展を開催します。
     「明治・大正期」は“六甲山の開発はこうして始まった”と題し、外国人によって
     開発されたゴルフ場や六甲山登山の様子を紹介します。
     「昭和初期」は“阪急・阪神の開発競争”として阪神間の各沿線で「阪神間モダニズム」を
     進展させた両電鉄の開発競争が山上に持ち込まれた結果、充実した山上施設の効果で
     多様な人々が様々な目的で訪れるようになった六甲山のにぎやかな様子を紹介します。
     ※パネルは日本語。英語・中国語(簡体字)・韓国語で概要説明を作成・展示。


期  間:平成29年10月17日(火)~10月31日(火)(土・日・祝休館)
     10:30~18:30 ※10月31日は16:00まで

展示内容:概要説明パネル1点
     パネル(写真、資料写真を掲載・解説)18点
     (「明治・大正期」9点 、「昭和初期」9点) 
         
入 場 料:無 料 

会  場:ひょうご国際プラザ 交流ギャラリー 
     神戸市中央区脇浜海岸通1-5-1 国際健康開発センター2F

主  催:公益財団法人 兵庫県国際交流協会

共  催:兵庫県神戸県民センター

問合せ先:公益財団法人 兵庫県国際交流協会 海外事業推進課
     TEL:078-230-3262(受付:平日9:00~17:30)

「素顔のミャンマー(ビルマ)~25年の変化を見つめる~」写真展を開催します。

概  要:ミャンマーへの教育支援活動を行なっている「ミャンマー関西」が、
     未だ知られざる国ミャンマーの雪山を望む最北端の村からインド洋に
     つながるアンダマンに接する最南端にある村までの人々の様子や村の
     風景、あるいは西のバングラデシュ国境や東のタイ国境の様子など、
     多様な民族と風土を写真パネルで紹介します。

期  間:平成29年11月1日(水)~11月30日(木)(土曜・日曜・祝日休館)
     平日10:30~18:30
     ※11月1日(水)は13:00開始、11月30日(木)12:00終了

セミナー:特別講演会「素顔のミャンマー(ビルマ)~25年の変化を見つめる~」 
      日時:平成29年11月10日(金)14:00~16:00
      場所:ひょうご国際プラザ交流ギャラリー
      講師:宇田有三氏(フォトジャーナリスト)
         ※入場無料・要事前予約・定員30名

展示内容:写真パネル 50点
         
入 場 料:無 料 

会  場:ひょうご国際プラザ 交流ギャラリー 
     神戸市中央区脇浜海岸通1-5-1 国際健康開発センター2F

主  催:公益財団法人 兵庫県国際交流協会

共  催:ミャンマー関西

写真協力:宇田有三氏(フォトジャーナリスト)

問合せ・予約先:公益財団法人 兵庫県国際交流協会 海外事業推進課
        TEL:078-230-3262(受付:平日9:00~17:30) 


「にっぽん-大使たちの視線2017」写真展・セミナーを開催します。

「にっぽん-大使たちの視線」写真展(実行委員会名誉総裁 高円宮妃久子殿下)は、
各国大使、外交官がとらえた日本の姿を、写真芸術を通じて表現するというユニークな試みです。
外交官は職業上駐在する国の鋭敏な観察者といえます。在任中に、その国の各地を訪れ、
人々の生活に触れ、問題を共有し、経験を積みます。その経験が、各外交官の母国への
関心事として写真に投影されるのがこの写真展の特徴といえます。
毎回与えられるテーマに対し、各外交官より寄せられた応募作品から展示作品を選定。
それらの中から、高円宮殿下メモリアル賞、グランプリなどが選ばれます。
第20回を迎える今年は「JAPAN-a country of contrasts」をテーマに、46カ国70名の
外交官が参加し、各自の視線でとらえた作品が寄せられました。
写真展では高円宮殿下メモリアル賞受賞作品をはじめ、選ばれた作品を展示して
外交官の視線が切り取った「にっぽんの今」を紹介します。
また、初日にはセミナーを開催し、展覧会ディレクターが展示作品について解説します。

開催期間:≪写 真 展≫平成29年12月1日(金)~平成30年1月12日(金)
      (土・日・祝日、12/29~1/3は除く)
      10:30~18:30 ※12月1日は13:00開始、1月12日は12:00終了
   ≪セミナー≫平成29年12月1日(金) 14:00~16:00  ※要事前予約 定員30名
      講 師:安部 忍 展覧会ディレクター
      略 歴:1986年より海外の写真家を展覧会を通じて紹介してきました。
      主な展覧会としてジャンルー・シーフ、ヘルムート・ニュートン、国境なき
      医師団写真展など。最近は絵本作家の作品展も手掛けています。
      本写真展には実行委員会事務局長として第1回から携わっています。


会  場:兵庫県国際交流協会 交流ギャラリー
     神戸市中央区脇浜海岸通1-5-1 国際健康開発センター2F(県立美術館西隣り)

主  催:「にっぽん-大使たちの視線」写真展実行委員会

共  催: 公益財団法人 兵庫県国際交流協会

後  援:公益社団法人 日本写真協会、外務省、関西領事団  

特別協賛:キヤノン株式会社              

展示内容:作品約50点

入 場 料:無料

問合せ・予約先:(公財)兵庫県国際交流協会 海外事業推進課 Tel:078-230-3262    
        (受付:平日9:00~17:30)


公益財団法人 兵庫県国際交流協会
〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1丁目5番1号 国際健康開発センター2F TEL 078-230-3260 FAX 078-230-3280
「本サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載、引用を禁じます。」 Copyright(C) Hyogo International Association AllRights Reserved.