下層階キービジュアル
おとなのにほんご
がいこくにルーツをもつこども Lingua materna
がいこくじんのためのそうだん Advice for  Foreign Residents
外国人県民の暮らしや学びを支えたい ・ボランティアを始めたい
educational tours in hyogo(jp)
educational tours in hyogo(ch)
兵庫でホームステイ体験 Homestays in Hyogo
兵庫を訪ねたい Visiting Captivating  Hyogo

終了イベント

「世界に広がる日本の防災」パネル展(2016.5.11~5.24)終了しました。

日本は、海に囲まれた火山の多い島国であり、数々の自然災害に見舞われて来ました。
しかし、だからこそ災害の経験から培われた防災の知恵も、たくさん蓄えてきました。
今、その日本が培った防災の知恵が、世界に広まっています。
「世界に広がる日本の防災」パネル展を、是非ご覧ください。

期間:2016年5月11日(水)~5月24日(火)
    10時30分から18時30分まで 土・日・祝日休館

会場:兵庫県国際交流協会 交流ギャラリー
    神戸市中央区脇浜海岸通1-5-1 (HAT神戸)

主催:公益財団法人 兵庫県国際交流協会、
    独立行政法人 国際協力機構 関西国際センター(JICA関西)

入場料:無料

対象: どなたでもご覧いただけます。

問い合せ: 兵庫県国際交流協会 企画広報課  
       TEL. (078)230-3267(直通)
       FAX. (078)230-3280 

チラシはこちら チラシはこちら 1Page 387.6Kbyte


「三菱アジア子ども絵日記フェスタ・アジアの学校生活」パネル展 (2016.2.25~3.23) 終了しました。

アジアの子ども達(6歳~12歳)の絵日記をご紹介します。
今回のテーマは「アジアの学校生活」、22の国・地域の子どもたちの作品です。
豊かな色づかいで個性あふれる方法で描かれています。
アジアの様々な生活を「絵日記」から想像してみてください。
 
期  間:平成28年2月25日(木)~3月23日(水)
平日 10時30分~18時30分、土・日・祝日休館

会  場:兵庫県国際交流協会 交流ギャラリー
      神戸市中央区脇浜海岸通1-5-1(HAT神戸)

展示内容:アジアの子ども達(6歳~12歳)の絵日記 約80点

入 場 料:無料

主  催:公益財団法人 兵庫県国際交流協会

協  力:三菱アジア子ども絵日記フェスタ実行委員会

問 合 せ:公益財団法人兵庫県国際交流協会 企画広報課
TEL:078-230-3267


チラシはこちら チラシはこちら 1Page 472.6Kbyte

「世界に見て欲しい兵庫県 写真展」(2016.1.26~2.19) 終了しました。

関西在住の写真愛好家(写団 松井塾)が兵庫県と近畿地方で見つけた世界に見て欲しい美しい風景や楽しいイベントを写した写真を展示しています。これらの写真を通じて、兵庫県と近畿地方の風土が培ってきた現在の姿を感じ取ってください。
 
期  間:平成28年1月26日(火)~2月19日(金)
平日 10時30分~18時30分、土・日・祝日休館

会  場:兵庫県国際交流協会 交流ギャラリー 
     神戸市中央区脇浜海岸通1-5-1(HAT神戸)

展示内容:写団 松井塾が撮影した写真 約35点

入 場 料:無料

主  催:公益財団法人 兵庫県国際交流協会

協  力:写団 松井塾

問 合 せ:公益財団法人兵庫県国際交流協会 企画広報課

TEL:078-230-3267

チラシはこちら チラシはこちら 1Page 855.9Kbyte


「にっぽん―大使たちの視線2015」(H27.12.9~H28.1.21) 終了しました!

「にっぽん-大使たちの視線」写真展は、今回で18回目となります。
この写真展では、毎回与えられるテーマにそって、各国大使、外交官が「にっぽんの今」を写真におさめます。今回のタイトルは、「Hidden JAPAN 2015」です。外交官は職業上駐在する国の鋭敏な観察者といえます。在任中に、その国の各地を訪れ人々の生活に触れ、問題を共有し、経験を積みます。その経験が、各外交官の母国への関心事として写真に投影されるのがこの写真展の特徴といえます。

期  間:平成27年12月9日(水)~平成28年1月21日(木)
平日10:30~18:30、土・日・祝日、12/29~1/2休館

会  場:兵庫県国際交流協会 ひょうご国際プラザ 

展示内容:写真パネル約50点

入 場 料:無料

主  催:「にっぽん-大使たちの視線」写真展実行委員会

共  催:公益財団法人 兵庫県国際交流協会

後  援:公益社団法人 日本写真協会、参加国大使館、外務省、関西領事団

特別協賛:キヤノン株式会社

問 合 せ:公益財団法人兵庫県国際交流協会 企画広報課
TEL:078-230-3267

チラシはこちら チラシはこちら 1Page 624.0Kbyte



セミナー「にっぽん―大使たちの視線2015」(H27.12.9 )終了しました!

ひょうご国際プラザ交流ギャラリーにて開催する「にっぽん―大使たちの視線2015」写真展のセミナーを開催します。展覧会ディレクターの解説を聞きながら、作品をより身近に感じてください。

日  時:平成27年12月9日(水) 14:00~15:30

会  場:兵庫県国際交流協会 ひょうご国際プラザ 
       (国際健康開発センタービル2F)

講  師:安部 忍 展覧会ディレクター

略  歴:昭和61年(1986年)より海外の写真家を展覧会を通じて紹介してきた。
     主な展覧会としてジャンルー・シーフ、ヘルムート・ニュートン、国境なき医師団写真展など、最近は絵本作家の作品展も手掛けている。
    本写真展実行委員会事務局長として、初回から携わっている。

主  催:公益財団法人兵庫県国際交流協会










「地球環境世界児童画コンテスト作品展」(H27.11.5~12.3) 終了しました。

地球環境世界児童画コンテストは、世界中の7歳から15歳までの子どもたちを対象に絵を描くことを通して地球環境を考えてもらうことを目的に1999年から実施されています。
今回展示する作品は、第14回コンテスト(2013年)の優秀作品で、テーマは「地球で生まれた仲間たち」です。植物や動物、虫や魚などの生き物をテーマにした作品をご覧ください。国境や文化、言語の違いを超えて、地球環境へのメッセージが込められています。
 
期  間:平成27年11月5日(木)~12月3日(木)
平日 10時30分~18時30分、土・日・祝日休館
会  場:兵庫県国際交流協会 ひょうご国際プラザ 
     神戸市中央区脇浜海岸通1-5-1(HAT神戸)
展示内容:第14回地球環境世界児童画コンテスト優秀作品 約50点
入 場 料:無料
主  催:一般財団法人日本品質保証機構(JQA)、国際認証機関ネットワーク(IQNet)
      公益財団法人兵庫県国際交流協会
後  援:ユニセフ(UNICEF)東京事務所
問 合 せ:公益財団法人兵庫県国際交流協会 企画広報課
TEL:078-230-3267

チラシはこちら チラシはこちら 1Page 1.1Mbyte



タンザニア写真展~ザンジバルのジャーナリストが撮った「アフリカの日常」~ (H27.10/6~10/30)《終了しました》

独立行政法人 国際協力機構(JICA)は発展途上国支援として現在71カ国に青年海外協力隊を派遣しています。今年は青年海外協力隊発足50周年を迎えました。青年海外協力隊の職種は医療、教育、農業など様々なものがありますが、そのひとつに写真技術(撮影や加工)指導があります。

タンザニア・ザンジバルにて青年海外協力隊員から写真技術指導を2年間受けた現地新聞社のジャーナリスト達24人の写真展を開催します。インド洋に浮かぶタンザニア・ザンジバルの美しい自然、陽気な人々の笑顔をたっぷりお楽しみください。

  
開催期間: 平成27年10月6日(火)~10月30日(金)
        10:30~18:30、土・日・祝 休館

会  場: 兵庫県国際交流協会 ひょうご国際プラザ 交流ギャラリー
      (HAT神戸 国際健康開発センター2F)

主  催: JICA、公益財団法人 兵庫県国際交流協会

展示内容: 写真 約50点

お問合わせ: 公益財団法人兵庫県国際交流協会 企画広報課
            TEL:078-230-3267

チラシはこちら チラシはこちら 1Page 421.4Kbyte



「北方領土パネル展」(H27.8/3~8/31)《終了しました》

北方領土パネル展」を開催しています。

【期 間】2015年8月3日(月)~8月31日(月)
  ※土曜日、日曜日は休館

【時 間】10:30-18:30
  ※最終日は15:00まで

【場 所】兵庫県国際交流協会 ひょうご国際プラザ

【料 金】入場無料

【内 容】
・北方領土とは
・北方領土の歴史
・北方領土の返還を求めて
・北方領土問題の最近の動き
・北方領土クイズ ほか
               

【主催/問合先】北方領土返還運動兵庫県推進会議
        神戸市中央区下山手通5-10-1 兵庫県広報課内
     TEL:078-362-3020


セネガル写真展 ~のぞいてみよう、遠い海の向こう側~ (H27.6.25~7.28)《終了しました》

セネガル人と日本人の交流を通じて、セネガルと日本の希望ある未来を目指すNGOボック ジャンバール(Bokk Jambaar)の活動の成果である写真展を開催します。
セネガルはアフリカ大陸の最も西、そしてサハラ砂漠の南側に位置する民主共和国です。
セネガル人はとても陽気で明るく、音楽や踊りが大好きです。
子ども達のキラキラした眼、陽気な人々、広大で美しい自然や伝統的な文化など、セネガルの魅力をたっぷりお伝えします。

開催期間: 平成27年6月25日(木)~7月28日(火)
10:30~18:30、土・日・祝 休館

会  場: 兵庫県国際交流協会 ひょうご国際プラザ 交流ギャラリー
      (HAT神戸 国際健康開発センター2F)

主  催: NGO ボック ジャンバール、公益財団法人兵庫県国際交流協会

展示内容: 写真 約50点

お問合わせ:公益財団法人兵庫県国際交流協会 企画広報課
      TEL:078-230-3267

モンゴル写真展~草原をかける交流と絆~(H27.5.20~6.18)《終了しました》

大相撲でのモンゴル出身力士の活躍ですっかり身近に感じることができるようになったモンゴル。
首都ウランバートルは人口128万人の大都市ですが、国土の大半は遊牧生活が営まれている
遊牧民の国です。
阪神・淡路大震災でのモンゴル支援活動をきっかけに交流が始まり、これまで図書贈呈を中心と
した様々な活動を継続している神鋼ソリューション労働組合が撮りためた写真を展示します。

 
 開催期間:平成27年5月20日(水)~6月18日(木)
        10:30~18:30、土・日休館

 会   場:兵庫県国際交流協会 ひょうご国際プラザ 交流ギャラリー
        (HAT神戸 国際健康開発センター2F)

 主   催:神鋼環境ソリューション労働組合、公益財団法人兵庫県国際交流協会

 展示内容:写真 約50点

 お問合わせ:公益財団法人兵庫県国際交流協会 企画広報課
         Tel:078-230-3267




アフリクック「アフリカの食」写真展 (H27.4.10~5.15)《終了しました》

NPO法人アフリック・アフリカのメンバーが、アフリカ各地で長期にわたるフィールドワークを通じて出会い味わい作った、アフリカの料理、調理(cooking)は、アフリカの豊かな自然環境や多様な文化が凝集されています。
 みなさんも、「食」を通してアフリカの魅力を感じにお越しになりませんか!

開催期間: 平成27年4月10日(金)~5月15日(金)
         10:30~18:30、土・日・祝日休館

会  場:  兵庫県国際交流協会 ひょうご国際プラザ 
        (国際健康開発センター2F)

主  催:  公益財団法人兵庫県国際交流協会

展示内容: 写真 約50点

お問合わせ:公益財団法人兵庫県国際交流協会 企画広報課
         TEL:078-230-3267


「アジア子ども絵日記フェスタ」パネル展 (H27.3.10~3.27)《終了しました》

 三菱アジア子ども絵日記フェスタは、アジアの国と地域の6歳から12歳までの子どもたちに呼びかけ「絵日記」を集めています。今回は、第11期(2012-2013年)グランプリ作品を24点のパネルにして展示します。それぞれの作品は、豊かな色づかいや個性あふれる方法で描かれ、すばらしい自然や文化、習慣、伝統など毎日の生活を表現しています。
 ぜひ、アジアの子どもたちの世界をのぞきに来てください。

開催期間: 平成27年3月10日(火)~3月27日(金) 
         10:30~18:30、土・日休館

会   場: 兵庫県国際交流協会 ひょうご国際プラザ 
         (国際健康開発センター2F)

主   催: 公益財団法人兵庫県国際交流協会

展示内容: パネル24点(パネル1点に受賞者の紹介と5枚の絵日記)

お問合わせ:公益財団法人兵庫県国際交流協会 企画広報課
           TEL:078-230-3267


「地球環境世界児童画コンテスト作品展」(H27.1.20~2.24) 《終了しました》

  地球環境世界児童画コンテストは、世界中の7歳から15歳までの子どもたちを対象に絵を描くことを通して地球環境を考えてもらうことを目的に1999年から実施されています。(主催:一般財団法人日本品質保証機構(JQA)、国際認証機関ネットワーク(IQNet))
  今回展示してある作品は、第13回コンテスト(2012年)の優秀作品で、テーマは「私の住みたい地球」です。子どもたちが住みたいと思う地球の風景が豊かな色彩で描かれています。また、国境や文化、言語の違いを超えて、地球環境へのメッセージが込められています。
 

期   間:平成27年1月20日(火)~2月24日(火)
        平日 10時30分~18時30分、土・日・祝日休館

会   場:兵庫県国際交流協会 ひょうご国際プラザ 

展示内容:第13回地球環境世界児童画コンテスト優秀作品 約40点

入 場 料:無料

主   催:一般財団法人日本品質保証機構(JQA)、国際認証機関ネットワーク(IQNet)
       公益財団法人兵庫県国際交流協会

後   援:ユニセフ(UNICEF)東京事務所

問 合 せ:公益財団法人兵庫県国際交流協会 企画広報課
       TEL:078-230-3267

 

「にっぽん―大使たちの視線2014」写真展 (H26.12.10~H27.1.8) )《終了しました》

 「にっぽん-大使たちの視線」写真展は、今回で17回目となります。この写真展では、毎回与えられるテーマにそって、各国大使、外交官が「にっぽんの今」を写真におさめます。今回のタイトルは、「COOL JAPAN 2014!」です。外交官は職業上駐在する国の鋭敏な観察者といえます。在任中に、その国の各地を訪れ人々の生活に触れ、問題を共有し、経験を積みます。その経験が、各外交官の母国への関心事として写真に投影されるのがこの写真展の特徴といえます。

期  間:平成26年12月10日(水)~平成27年1月8日(木)
      平日10:30~18:30、土・日・祝日、12/29~1/2休館

会  場:兵庫県国際交流協会 ひょうご国際プラザ 

展示内容:写真パネル約50点

入 場 料:無料

主  催:「にっぽん-大使たちの視線」写真展実行委員会

共  催:公益財団法人兵庫県国際交流協会

後  援:公益社団法人日本写真協会、参加国大使館、外務省、関西領事団

特別協賛:キヤノン株式会社

問 合 せ:公益財団法人兵庫県国際交流協会 企画広報課
      TEL:078-230-3267

セミナー「にっぽん―大使たちの視線2014」(H26.12.10)《終了しました》

  ひょうご国際プラザ交流ギャラリーにて開催する「にっぽん―大使たちの視線2013」写真展のセミナーを開催します。展覧会ディレクターの解説を聞きながら、作品をより身近に感じてください。

日  時:平成26年12月10日(水) 15:30~17:00

会  場:兵庫県国際交流協会 ひょうご国際プラザ 
       (国際健康開発センタービル2F)

講  師:安部 忍 展覧会ディレクター

略  歴:昭和61年(1986年)より海外の写真家を展覧会を通じて紹介してきた。
      主な展覧会としてジャンルー・シーフ、ヘルムート・ニュートン、
      国境なき医師団写真展など、最近は絵本作家の作品展も手掛けている。
      本写真展実行委員会事務局長として、初回から携わっている。

主  催:公益財団法人兵庫県国際交流協会

「中国海南無形文化遺産展」 (H26.11.26~12.2) 《終了しました》

 海南省は中国の最南端に位置し、豊かな自然に亜熱帯、熱帯気候で冬がありません。多くの少数民族が暮らし、各民族が伝えてきた文化・芸術が数多くあります。ユネスコの「緊急に保護する必要がある無形文化遺産の一覧表」に黎族伝統の織物技術があり、今回は、その黎族の織物技術を中心に海南省の貴重な無形文化を紹介するパネルを展示します。また、初日には会場内でその伝統の技術を披露しますのでぜひお越しください。

期  間:平成26年11月26日(水)~12月2日(火)
      平日 10時30分~18時30分、土・日休館(ただし初日は12時30分から)

会  場:兵庫県国際交流協会 ひょうご国際プラザ 

展示内容:写真パネル約30点

入 場 料:無料

主  催: 公益財団法人兵庫県国際交流協会

問 合 せ:公益財団法人兵庫県国際交流協会 企画広報課
       TEL:078-230-3267

兵庫県友好交流県「北フランス・ノール県」写真展(H26.10.31~11.21) 《終了しました》

 兵庫県と北フランス・ノール県は、10年以上にわたり、60以上の交流事業を続け、両県の絆を深めてきました。昨年9月には、公式に協力協定に調印し、今後も幅広い分野でのさらなる交流を進めています。
 ノール県は、パリからおよそ200㎞北に位置し、ベルギーと国境を接しており、中心都市リール市はフランス第四の人口集中地帯で交通の要所です。
 今回の写真展では、ノール県の古代遺跡や要塞などの歴史的な文化遺産、景勝地や自然公園など観光名所及び両県の交流の写真を展示し、その魅力をご紹介します。

期   間: 平成26年10月31日(金)~11月21日(金)
        平日 10時30分~18時30分、土・日・祝日休館

会   場: 兵庫県国際交流協会 ひょうご国際プラザ 

展示内容: 写真パネル約30点

入 場 料:  無料

主   催: 公益財団法人兵庫県国際交流協会、ノール県、兵庫EU協会

問 合 せ:  公益財団法人兵庫県国際交流協会 
          交流・協力課 TEL:078-230-3090
          企画広報課   TEL:078-230-3267


フランコフォニーでつながろう!~Le Sénégal en bref~(H26.3.12~3.26) 《終了しました》

 毎年3月20日は、世界中でフランス語を話す57の国と地域が参加する国際運動、フランコフォニーの日です。それにちなんで、フランコフォニーやフランス語を公用語としているアフリカのセネガルについて紹介します。フランス語圏の国々を身近に感じて下さい。

期   間:平成26年3月12日(水)~3月26日(水)
        平日 10時30分~18時30分、土・日・祝日休館

会   場:兵庫県国際交流協会 ひょうご国際プラザ 

展示内容: ①フランコフォニーの紹介
        ②NGO Bokk Jambaarによるセネガルに関する展示(写真、民族衣装、DVDなど)
        ③スイス、カナダ・ケベックの紹介
        ④フランコフォニー代表企業として、神戸に本社があるネスレの社会貢献事業の紹介

入 場 料:無料

主   催:関西フランコフォニーフェスティバル in Kobe 実行委員会

共   催: 公益財団法人兵庫県国際交流協会(HIA)
        NGO Bokk Jambaar(ボック ジャンバール)

協   力: 在日スイス大使館、ケベック州政府在日事務所、在日カナダ大使館
        アンスティチュ・フランセ関西、ネスレ日本株式会社

問 合 せ:公益財団法人兵庫県国際交流協会 交流・協力課
        TEL:078-230-3090


世界の子どもたちの笑顔展(H26.1.23~3.6) 《終了しました》

世界の子どもたちの笑顔展
世界の子どもたちに聞きました!「どんなときに笑顔になるの?」
~兵庫県出身の青年海外協力隊の派遣国から~ (H26.1.23~3.6)

 「世界の子どもたちの笑顔展」は、青年海外協力隊OB/OGが撮った現地の子どもたちの笑顔写真です。「子どもの笑顔は世界共通」「2年間暮らしたからこそ向けられた最高の笑顔(JICAボランティアの紹介)」の2点を伝えます。この2点をじっくり見て実感してもらうため、「世界の子どもたちの笑顔展」の内容に沿うよう、あわせて「兵庫県出身青年海外協力隊の任地にいる子どもにインタビューパネル」を展示します。子どもたちの笑顔を通じて開発途上国やJICAボランティアを身近に感じてください。

期   間:平成26年1月23日(木)~3月6日(木)
        平日10:30~18:30、土・日・祝日休館

会   場:兵庫県国際交流協会 ひょうご国際プラザ 

展示内容:写真パネル約100点

入 場 料:無料

主   催:公益財団法人兵庫県国際交流協会(HIA)
       独立行政法人国際協力機構関西国際センター(JICA関西)

問 合 せ:公益財団法人兵庫県国際交流協会 企画広報課
       TEL:078-230-3267


「にっぽん―大使たちの視線2013」写真展 (H25.12.5~H26.1.20) 《終了しました》

 「にっぽん-大使たちの視線」写真展は、今回で16回目となります。この写真展では、毎回与えられるテーマにそって、各国大使、外交官が「にっぽんの今」を写真におさめます。
今回のタイトル: COOL JAPAN! through Diplomats’Eyes
 「クールなニッポン」を独自に捉える外交官をはじめ、ありきたりかもしれないけれど「ぜひとも伝えたいニッポン」が数多く集まりました。外交官の感じる「クールなニッポン」をぜひご覧ください。世界から集まる全く文化の違う国々の外交官による多様性が楽しめる一方、日本という国はそれほど魅力にあふれた「被写体」であることがうかがえます。

期   間:平成25年12月5日(木)~平成26年1月20日(月)
         平日10:30~18:30、土・日・祝日、12/29~1/3休館

会   場:兵庫県国際交流協会 ひょうご国際プラザ 

展示内容:写真パネル約50点

入  場 料:無料

主   催:「にっぽん-大使たちの視線」写真展実行委員会

共   催:公益財団法人兵庫県国際交流協会

後   援:公益社団法人日本写真協会、参加国大使館、外務省、関西領事団

特別協賛:キヤノン株式会社

問 合 せ:公益財団法人兵庫県国際交流協会 企画広報課
         TEL:078-230-3267


セミナー「にっぽん―大使たちの視線2013」(H25.12.5 ) 《終了しました》

 ひょうご国際プラザ交流ギャラリーにて開催する「にっぽん―大使たちの視線2013」写真展のセミナーを開催します。展覧会ディレクターの解説を聞きながら、作品をより身近に感じてください。

日  時:平成25年12月5日(木) 15:30~17:00

会  場:兵庫県国際交流協会 ひょうご国際プラザ 
       (国際健康開発センタービル2F)

講  師:安部 忍 展覧会ディレクター

略  歴:昭和61年(1986年)より海外の写真家を展覧会を通じて紹介してきた。
       主な展覧会としてジャンルー・シーフ、ヘルムート・ニュートン、国境なき医師団写真展など、
      最近は絵本作家の作品展も手掛けている。
      本写真展実行委員会事務局長として、初回から携わっている。               

主  催:公益財団法人兵庫県国際交流協会


世界の人口問題を考える~国連人口基金パネル展~(H25.11.6~11.29) 《終了しました》

 国連によれば、2011年10月31日、世界人口は70億人に到達しました。
 国連人口基金は、21世紀の人類が直面している最重要課題の一つである地球的規模の人口問題を、単なる数の問題ではなく人間の尊厳の問題として取り組んでいる国連機関です。
 同基金のパネルを通じて、人口問題って何なのか。一度、考えてみませんか。

期   間:平成25年11月6日(水)~11月29日(金)
          平日 10時30分~18時30分、土・日休館

会   場:兵庫県国際交流協会 ひょうご国際プラザ 

展示内容:写真パネル約30点

入 場 料:無料

主  催: 公益財団法人兵庫県国際交流協会

問 合 せ:公益財団法人兵庫県国際交流協会 企画広報課
           TEL:078-230-3267


サウジアラビア写真展~祈りとモスク~ (H25.10.3~11.1) 《終了しました》

 イスラム教の2大聖地であるメッカとマディーナがあり、世界各地から巡礼者が訪れる国、サウジアラビア。
 今回の写真展では、サウジアラビア大使館の推薦するハーリド・ヒデル氏が、サウジアラビア国内や諸外国にあるモスクを中心に、祈りの中にある人々の様子などを撮影した作品を展示します。
 ぜひ、ご覧いただき、イスラム教の祈りの世界を感じて下さい。

期   間: 平成25年10月3日(木)~11月1日(金)
          平日 10時30分~18時30分、土・日・祝日休館

会   場: 兵庫県国際交流協会 ひょうご国際プラザ 

展示内容: 写真パネル約40点

入 場 料: 無料

主   催: サウジアラビア王国大使館
       公益財団法人兵庫県国際交流協会
 

問 合 せ:  公益財団法人兵庫県国際交流協会 企画広報課
         TEL:078-230-3267


ユニセフ写真パネル展(H25.9.3~9.30)《終了しました》

 ユニセフは世界の子どもたちの命と健康を守るために活動しています。「ユニセフってなあに」「子どもの参加が未来をつくる」「わたしも学校に行きたい」「子どもたちにやさしい地球を残そう」をテーマにユニセフの主な活動内容を紹介します。
 ぜひ、ご覧いただき、ユニセフを身近に感じて下さい。

期   間: 平成25年9月3日(火)~9月30日(月)
          10時30分~18時30分、土・日・祝日休館

会   場: 兵庫県国際交流協会 ひょうご国際プラザ 
 

展示内容: 写真パネル約40点

入 場 料: 無料

主   催: 公益財団法人兵庫県国際交流協会

後   援: 兵庫県ユニセフ協会
       日本国際連合協会兵庫県本部

問 合 せ: 公益財団法人兵庫県国際交流協会 企画広報課
         TEL:078-230-3267


北方領土パネル展(H.25.8.1~8.30)《終了しました》

県民の北方領土問題に対する理解を深めるとともに、返還運動の担い手育成のため、北方領土パネル展を開催します。

期    間: 平成25年8月1日(木)~8月30日(金) 
          10:30~18:30 (土・日休館)
          ※初日は12:00から、最終日は15:00まで

会    場: 兵庫県国際交流協会 ひょうご国際プラザ
          (国際健康開発センタービル2F)

展 示 内 容: パネル約50点

入   場  料: 無料

主      催: 北方領土返還運動兵庫県推進会議

問  合  せ: 北方領土返還運動兵庫県推進会議
          TEL:078-362-3020

「地球環境世界児童画コンテスト作品展」(H25.6.12~7.22) 《終了しました》

 地球環境世界児童画コンテストは、世界中の7歳から15歳までの子どもたちを対象に絵を描くことを通して地球環境を考えてもらうことを目的に1999年から実施されています。(主催:一般財団法人日本品質保証機構(JQA)、国際認証機関ネットワーク(IQNet))
 今回展示してある作品は、第12回コンテスト(2011年)の優秀作品で、テーマは「地球の宝物」です。
 身近な自然や生き物、家族や自分たちの住んでいる地域を題材に描かれている子供たちの作品は、豊かな想像力と感性にあふれており、また、国境や文化、言語の違いを超えて、地球環境へのメッセージが込められています。是非ご覧ください。

期   間:平成25年6月12日(水)~7月22日(月)
       平日 10時30分~18時30分、土・日・祝日休館

会   場:兵庫県国際交流協会 ひょうご国際プラザ 

展示内容:第12回地球環境世界児童画コンテスト優秀作品 約50点

入  場 料:無料

主   催:一般財団法人日本品質保証機構(JQA)、国際認証機関ネットワーク(IQNet)
         公益財団法人兵庫県国際交流協会

後   援:ユニセフ(UNICEF)東京事務所

問  合 せ:公益財団法人兵庫県国際交流協会 企画広報課
         電話:078-230-3267


Tabi-Boots~外国人から見る兵庫~写真展 (H25.5.8~6.7) 《終了しました》

 在住外国人の視点で兵庫の魅力を発信する「Tabi-Boots」。現在、英語と韓国語のブログで県内各地の観光スポットを紹介しています。日本人には当たり前の風景や生活が外国人にとっては新鮮であり、外国人のおすすめを知ることで日本人の私たちも新しい兵庫を発見できることがあります。さらに、日本在住の外国人や海外への兵庫の観光スポットを発信し旅行者の誘致を促進しています。
 Tabi-Bootsのスタッフが撮りためた県内各地の写真から、兵庫の魅力や外国人の視点を感じて下さい。

英語版ブログ   http://heart-of-japan.com
韓国語版ブログ  http://blog.naver.com/tabiboots

開催期間: 平成25年5月8日(水)~6月7日(金)
        10:30~18:30、土・日休館

会   場: 兵庫県国際交流協会 ひょうご国際プラザ
        (国際健康開発センター2F)

主   催: 公益財団法人兵庫県国際交流協会

展示内容: 写真約60点

入 場  料: 無料

お問合わせ: 公益財団法人兵庫県国際交流協会
          電話:078-230-3267

日本モルドバ絵画国際交流展(H25.4.3~4.25)《終了しました》

 日本とモルドバの画家の絵をご紹介するとともに、モルドバの現状や自然、文化風俗やモルドバ復興支援協会の活動写真を展示します。
 日本の絵画は水墨画で昨年、日美展「第17回総合水墨画展」作家大賞とあわせて内閣総理大臣賞を受賞した武田侑霞さん(兵庫県在住)の作品です。内閣総理大臣賞を受賞した「対峙」は、兵庫県で初公開となります。モルドバの絵画はモルドバの英語の教科書の挿絵に採用され、現在活躍中の女流画家オルガ・カレストルさんの水彩画や点描画です。
 この交流展を通して、ヨーロッパの最貧国といわれるモルドバを身近に感じて下さい。

開催期間:  平成25年4月3日(水)~4月25日(木)
          10:30~18:30、土・日休館

会   場:   兵庫県国際交流協会 ひょうご国際プラザ 
          (国際健康開発センター2F)

主   催:  モルドバ復興支援協会

共   催:  公益財団法人兵庫県国際交流協会

後   援:  日本モルドバ友好協会

展示内容:  約40枚(写真、水墨画、水彩画等)

お問合わせ:モルドバ復興支援協会
          電話:078-594-2785
          携帯電話:080-5714-9418(沓澤)


フランコフォニーEXPO 2013(H25.3.18~3.28) 《終了しました》

 フランコフォニーとは、フランス語が話されている国・地域などの総称です。現在57カ国が参加している 国際フランコフォニー機構は、フランス語による友情と連帯、言語と文化の多様性を訴求し、その運動の一環で、毎年3月20日には世界各地でフランコフォニー・フェスティバルが開催されています。
 ここ神戸でも3月20日(水・祝)に兵庫県立美術館にて「関西フランコフォニー・フェスティバルin神戸2013」を開催するのにあわせて、フランコフォニーの国々、そしてフェスティバル協賛企業でもあるフランコフォニーの企業のCSR活動についてのパネル展を開催します。ぜひお越しください!

開催期間: 平成25年3月18日(月)~28日(木)
       9:00~17:00、土・日・祝休館

会   場: 兵庫県国際交流協会 ひょうご国際プラザ 
         (国際健康開発センター2F)

主   催: 関西フランコフォニー・フェスティバルin神戸 実行委員会

後援・協賛: 駐日スイス大使館、ケベック州政府在日事務所、ネスレ日本株式会社、社団法人 神戸日仏協会、アンスティチュ・フランセ関西、クラブメッド、カフェ・ド・パリ、(公財)兵庫県国際交流協会

展示内容: パネルなど約70点

お問合わせ:公益財団法人兵庫県国際交流協会 交流・協力課
           TEL:078-230-3090

★スイスとケベック(カナダ)にフォーカスをあてた関連イベントを開催!!
日   時: 3月20日(水・祝)
内容と時間: 【第1部】“La Suisse en bref” 13:00~15:15
         スイス人バンドデシネ(コミック)作家 フレデリック・ペータース氏講演会(日本人アーティスト 寺田克也氏との対談もあり。
無料)
       【第2部】“Le Québec en bref”  15:30~17:30
         ケベック映画「ぼくたちのムッシュ・ラザール」上映会(入場 料:1,000円)

子どもたちが見た東日本大震災(H25.2.26~3.13) 《終了しました》

 被災地の子どもたちが見て、感じて、考えていることを、写真やメッセージを通じて発信する子ども写真プロジェクト「EYE SEE TOHOKU」。東日本大震災から約8か月が経った平成23年11月から約1か月の時間をかけて、岩手県大槌町・宮城県石巻市・福島県相馬市で実施され、27名の小・中学生が参加しました。震災から2年が経過する今、震災を風化させず新たな出発点として「あの日」を見つめましょう。

開催期間: 平成25年2月26日(火)~3月13日(水)
          9:00~17:00、土・日休館

会   場: 兵庫県国際交流協会 ひょうご国際プラザ 
         (国際健康開発センター2F)

主   催: 公益財団法人兵庫県国際交流協会

後   援: 兵庫県ユニセフ協会

協   力: ソニー株式会社

展示内容: 写真パネル約40点

お問合わせ:公益財団法人兵庫県国際交流協会 企画広報課
           TEL:078-230-3267


「アジア子ども絵日記フェスタ」パネル展 (H25.1.29~2.21) 《終了しました》

 三菱アジア子ども絵日記フェスタは、アジアの国と地域の6歳から12歳までの子どもたちに呼びかけ「絵日記」を集めています。
 今回は、第10期(2010-2011年)グランプリ作品を24点のパネルにして展示します。それぞれの作品は、豊かな色づかいや個性あふれる方法で描かれ、すばらしい自然や文化、習慣、伝統など毎日の生活を表現しています。
 ぜひ、アジアの子どもたちの世界をのぞきに来てください。

開催期間: 平成25年1月29日(火)~2月21日(木) 
        9:00~17:00 (土・日・祝日休館)

会   場: 兵庫県国際交流協会 ひょうご国際プラザ 
       (国際健康開発センター2F)

主   催: 公益財団法人兵庫県国際交流協会

展示内容: パネル24点(パネル1点に受賞者の紹介と5枚の絵日記)

お問合わせ:公益財団法人兵庫県国際交流協会 企画広報課
         TEL:078-230-3267


「にっぽん―大使たちの視線2012」写真展(H24.12.7~H25.1.25) 《終了しました》

タイトル: 15th Anniversary
      Our Japan – Hope and Renewal – through Diplomats’ Eyes

 今年で15回目を迎えた駐日大使たちによる写真展「にっぽん-大使たちの視線2012」。昨年からひきつづき復興の道筋をたどる日本の希望を見つけるべく「希望と再生」という特別なテーマを設け、高円宮妃殿下名誉総裁、町村信孝選考委員長、パトリシア・カルデナス コロンビア大使、サウジアラビア大使、ルクセンブルク大使、韓国大使、ジンバブエ大使が実行委員会を構成、35の国と地域、60名あまりの外交官やその家族がそれぞれの視点で「Our Japan〜わたしたちのニッポン」の写真を披露いたします。

期   間:平成24年12月7日(金)~平成25年1月25日(金)
          9:00~17:00 (土・日・祝日、12月29日~1月3日は休館)
会   場:兵庫県国際交流協会 ひょうご国際プラザ 
         (国際健康開発センタービル2F)            
展示内容:日本を含む35の国と地域60名の作品 約60点

主   催:「にっぽん-大使たちの視線」写真展実行委員会

共   催:公益財団法人兵庫県国際交流協会

後    援:公益社団法人日本写真協会、各国大使館、外務省、関西領事団

特別協賛:キャノン株式会社

入 場 料:無料

問合わせ:(公財)兵庫県国際交流協会 企画広報課
        TEL:078-230-3267





「にっぽん―大使たちの視線2012」セミナー(H24.12.7)《終了しました》

 ひょうご国際プラザ交流ギャラリーにて開催する「にっぽん―大使たちの視線2012」写真展のセミナーを開催します。展覧会ディレクターの解説を聞きながら、作品をより身近に感じてください。

日  時:平成24年12月7日(金) 15:30~17:00

会  場:兵庫県国際交流協会 ひょうご国際プラザ 
       (国際健康開発センタービル2F)

講  師:安部 忍 展覧会ディレクター

略  歴:昭和61年(1986年)より海外の写真家を展覧会を通じて紹介してきた。
      主な展覧会としてジャンルー・シーフ、ヘルムート・ニュートン、国境なき医師団写真展など、
      最近は絵本作家の作品展も手掛けている。
      本写真展実行委員会事務局長として、初回から携わっている。

主  催:公益財団法人兵庫県国際交流協会


「オックスブリッジ英語サマーキャンプ」写真展 (H24.11.20~12.5) 《終了しました》

 英国のオックスフォード大学とケンブリッジ大学から8名の学生が来県、県内各地の大学・高校など9校で英会話授業や様々な活動を行い、各校学生と交流する「オックスブリッジ英語サマーキャンプ」。今年度は、7月18日~8月19日に開催しました。
 今回の写真展では、神戸大学を中心とした受入校が撮りためた写真から、同キャンプを通して日英の青少年等が互いに交流を深めていく様子を紹介します。

開催期間: 平成24年11月20日(火)~12月5日(水) 
        平日9:00~17:00、土・日・祝日休館

会    場: 兵庫県国際交流協会 ひょうご国際プラザ 
       (国際健康開発センター2F)

主   催: 公益財団法人兵庫県国際交流協会
        神戸大学国際文化学部 (オックスブリッジ英語サマーキャンプ神戸大学実行委員会)

展示内容: 写真パネル(B1サイズ) 約50点

問合わせ: 公益財団法人兵庫県国際交流協会 企画広報課
TEL:078-230-3267


「ミャンマー~子どもたちの夢~」写真展 (H24.10.22~11.16) 《終了しました》

 日本の約1.8倍の国土に6.200万人が住むミャンマーは、民主化への道を歩み始め、急送に日本との関係が深まりつつあります。そのミャンマーの子どもたちの生活は、貧しい中にも笑顔で溢れています。
 また、信仰心があつく敬けんな仏教徒が多いこの国では、仏教が生活のなかに溶け込んでいます。
 今回の写真展は、NPO法人地球市民の会が少数民族ポオー族を中心に撮りためた写真から、豊かな自然のなかで、ミャンマーの人々があるがままに暮らしている様子をご紹介します。多様な文化と、世界中が繋がっていることを感じて下さい。

開催期間: 平成24年10月22日(月)~11月16日(金) 
        平日9:00~17:00、土・日・祝日休館
 
会   場: ひょうご国際プラザ 交流ギャラリー
       (国際健康開発センター2F)

主   催: 公益財団法人兵庫県国際交流協会

展示内容: 写真パネル(A3サイズ) 約60点

問合わせ: 公益財団法人兵庫県国際交流協会 企画広報課
         TEL:078-230-3267


地球環境世界児童画コンテスト作品展(H24.9.5~10.15) 《終了しました》

 地球環境世界児童画コンテストは、世界中の7歳から15歳までの子どもたちを対象に絵を描くことを通して地球環境を考えてもらうことを目的に1999年から実施されています。(主催:一般財団法人日本品質保証機構(JQA)、国際認証機関ネットワーク(IQNet))
 今回展示してある作品は、第11回コンテスト(2010年)の優秀作品で、テーマは「地球からの贈り物」です。
 身近な自然や生き物、家族や自分たちの住んでいる地域を題材に描かれている子供たちの作品は、豊かな想像力と感性にあふれており、また、国境や文化、言語の違いを超えて、地球環境へのメッセージが込められています。是非ご覧ください。

期   間: 平成24年9月5日(水)~10月15日(月)
        平日 9時~17時、土・日・祝日休館
会   場: ひょうご国際プラザ 交流ギャラリー
        (国際健康開発センタービル2F)
展示内容: 第11回地球環境世界児童画コンテスト優秀作品 約50点
入 場  料: 無料
主   催: 一般財団法人日本品質保証機構(JQA)、国際認証機関ネットワーク(IQNet)
         公益財団法人兵庫県国際交流協会
後    援: ユニセフ(UNICEF)東京事務所
問  合 せ: 公益財団法人兵庫県国際交流協会 企画広報課
           TEL:078-230-3267


北方領土パネル展(H.24.8.1~8.31)《終了しました》

県民の北方領土問題に対する理解を深めるとともに、返還運動の担い手育成のため、北方領土パネル展を開催します。

期    間:平成24年8月1日(水)~8月31日(金) 
         9:00~17:00  (土・日休館)
        ※初日は12:00から、最終日は15:00まで

会    場:ひょうご国際プラザ 交流ギャラリー(国際健康開発センタービル2F)

展示内容:パネル約50点

入 場 料:無料

主    催:北方領土返還運動兵庫県推進会議

問 合 せ:北方領土返還運動兵庫県推進会議
        TEL:078-362-3020


兵庫発!JICAボランティアOB・OGパネル展~5W1Hで語る体験談~(H24.5.22~6.21))《終了しました》

 JICAボランティア5名のボランティア応募のきっかけ、それぞれの国での活動状況、現地での気づき、帰国してから現在までを紹介します。皆さんに、国際協力について考えてもらえる機会となれば幸いです。

期   間:平成24年5月22日(火)~6月21日(木) 9:00~17:00 (土・日休館)

会   場:ひょうご国際プラザ交流ギャラリー(国際健康開発センタービル2F)

展示内容:写真 A3~A4サイズ 約40点

写真及び体験談提供のJICAボランティア        
(1)坂井 祐香(さかい  ゆか)  派遣国:ボリビア    活動分野:識字教育
(2)吉田   司(よしだ つかさ)   派遣国:ブータン     活動分野:特別支援学校体育指導
(3)森田あき子(もりた あきこ)  派遣国:エクアドル   活動分野:特別支援学校音楽指導
(4)中川   潤(なかがわじゅん) 派遣国:バングラデシュ 活動分野:料理
(5)宗和  伸也(そうわ しんや) 派遣国:バヌアツ    活動分野:魚市場運営

入 場 料:無料

主   催:公益財団法人兵庫県国際交流協会(HIA)
      独立行政法人国際協力機構関西国際センター(JICA関西)

問 合 せ:公益財団法人兵庫県国際交流協会 企画広報課
       TEL:078-230-3267


人と地球が調和する未来を考えるパネル展(H.24.6.25~7.20)《終了しました》

 約100カ国で活動している環境保全団体WWF(World Wide Fund for Nature:世界自然保護基金)のパネルから、現在もっとも深刻な環境問題の一つである地球温暖化の人間や動物に与える影響や取り組み、私たちの生活にとって欠かせない化学物質の問題点や影響を写真や文章で紹介します。
 これらのパネル展示を通じて、世界的規模で進む環境問題とその取り組みについて、皆さまの関心と理解が深めれば幸いです。

期   間:平成24年6月25日(月)~7月20日(金) 
       9:00~17:00  (土・日・祝休館)

会   場:ひょうご国際プラザ 交流ギャラリー(国際健康開発センタービル2F)

展示内容:B2サイズ(52cmx73cm)パネル32点

入 場 料:無料

主   催:公益財団法人兵庫県国際交流協会

問 合 せ:公益財団法人兵庫県国際交流協会 企画広報課
      TEL:078-230-3267


「夢列車 兵庫とネパールを結ぶ 気持ちのメッセージ 絵画展」(2016.7.5~7.28)終了しました。

ひょうご国際プラザ - 交流ギャラリー - 開催イベント
「夢列車 兵庫とネパールを結ぶ 気持ちのメッセージ 絵画展」(2016.7.5~7.28)

 NPO法人ラリグラスはネパール女性の地位向上や自立支援、介護・衛生知識の向上に
関する活動を行なっています。電車が走っていない国で、夢の乗り物「電車」を描いた筋ジストロフィーの青年の遺作など障がい者の少年達の絵画を展示しています。
 今年は日本ネパール外交関係樹立60周年の記念年です。
 ネパールの青少年たちの絵画を通してネパールを身近に感じてください。
 ラリグラスとはヒマラヤの山々を見上げるように咲き誇る国花シャクナゲを意味します。
 
期  間:平成28年7月5日(火)~7月28日(木)
平日 10時30分~18時30分、土・日・祝 休館

会  場:兵庫県国際交流協会 交流ギャラリー 
     神戸市中央区脇浜海岸通1-5-1(HAT神戸)

展示内容:NPO法人 ラリグラスの活動紹介 絵など 約40点

入 場 料:無料

主  催:公益財団法人 兵庫県国際交流協会

共  催:NPO法人 ラリグラス

問 合 せ:公益財団法人兵庫県国際交流協会 企画広報課
TEL:078-230-3267

チラシはこちら チラシはこちら 1Page 718.1Kbyte

「世界に見て欲しい日本」写真展~写真愛好家が見てきた世界~(H24.4.3~5.17))《終了しました》

 写真愛好家達が撮りためた世界に見て欲しい兵庫県や日本をご紹介します。日本の文化、伝統、美しい自然を幻想的な写真でお楽しみください。併せて日本を訪れる外国人や海外の写真も展示します。これらの写真を通じて日本の良き伝統や美しい景観、海外との交流を感じて下さい。

期   間:平成24年4月3日(火)~5月17日(木)
       9:00~17:00 (土・日・祝休館)

会   場:ひょうご国際プラザ 交流ギャラリー(国際健康開発センタービル2F)

展示内容:写真約50点

入 場 料:無料

主   催: (公財)兵庫県国際交流協会

協   力: 写団「松井塾」

     
問 合 せ:公益財団法人兵庫県国際交流協会 企画広報課
       TEL:078-230-3267


フランコフォニー EXPO 2012(H24.3.17~3.29)《終了しました》

 フランス語を話す世界中の人々が集まり推進している国際運動、フランコフォニー。現在75の国と地域(オブザーバー19か国を含む)、2億人近い人々が参加しています。3月20日のフランコフォニーデーにちなんで、フランコフォニーに関する展示を行いますので、ぜひお越しください。   

期  間: 平成24年3月17日(土)~3月29日(木)
       9:00~17:00 日曜・祝日休館

会  場: ひょうご国際プラザ 交流ギャラリー(国際健康開発センタービル2F)

展示内容: パネル、写真等約50点

入 場 料: 無料

主  催: 関西フランコフォニーフェスティバル 2012 in 神戸実行委員会

共  催: 公益財団法人兵庫県国際交流協会

問 合 せ: 公益財団法人兵庫県国際交流協会 交流課
         TEL:078-230-3090

アフリック・アフリカ写真展~アフリカで育つ~(H24.2.1~3.14)《終了しました》

 アフリカの町や村を舞台に、子どもが生まれてから独り立ちするまでをエッセイと写真で紹介します。アフリカ各地で長期間にわたるフィールドワークに従事してきた経験をもつ特定非営利活動法人アフリック・アフリカのメンバーが撮りためた写真とエッセイによってアフリカの子どもたちの生活を伝えます。みなさんも、アフリカの魅力を感じに来ませんか?

期   間: 平成24年2月1日(水)~3月14日(水)
        平日9:00~20:00(土曜日は17:00まで)、日曜・祝日休館

会   場: ひょうご国際プラザ 交流ギャラリー(国際健康開発センタービル2F)

展示内容:  写真約50点、エッセイ

入 場 料:  無料

主   催: 特定非営利活動法人 アフリック・アフリカ、公益財団法人兵庫県国際交流協会

問 合 せ: 公益財団法人兵庫県国際交流協会 企画広報課
        TEL:078-230-3267

公益財団法人 兵庫県国際交流協会
〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1丁目5番1号 国際健康開発センター2F TEL 078-230-3260 FAX 078-230-3280
「本サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載、引用を禁じます。」 Copyright(C) Hyogo International Association AllRights Reserved.