下層階キービジュアル
おとなのにほんご
がいこくにルーツをもつこども Lingua materna
がいこくじんのためのそうだん Advice for  Foreign Residents
外国人県民の暮らしや学びを支えたい ・ボランティアを始めたい
educational tours in hyogo(jp)
educational tours in hyogo(ch)
兵庫でホームステイ体験 Homestays in Hyogo
兵庫を訪ねたい Visiting Captivating  Hyogo

「多文化共生のこれから - ともに築く地域社会に向けて」 研修会参加者募集 ※終了しました

「多文化共生」という概念が広まるきっかけとなった阪神・淡路大震災から20年、国が「多文化共生」を「国際交流」や「国際協力」と並ぶ第3の柱に位置づけた「地域における多文化共生推進プラン」の策定から10年が経過しました。
この間、永住や定住の在留資格を有する外国人住民の割合が増加し、定住化が顕著に進行しています。彼らが日本社会で安心して暮らし、住民として地域社会に参画するうえで、日本語教室が不可欠な役割を果たしていることから、これまでの地域国際化の足取りを振り返り総括するとともに、地域の国際化を進めるうえで日本語教室が果たしている役割や、誰にも暮らしやすく多文化が共生する地域社会を築くための取り組みについて考える研修会を開催します。

◆日  時  平成27年12月5日(土) 10:00~16:00

◆会  場  兵庫県国際交流協会3階会議室1

◆内  容  第Ⅰ部 講演(10:00~12:00)
        「地域における多文化共生 - 多文化共生の現状と地域日本語教室への期待」
        講師:田村 太郎 氏(多文化共生センター大阪 代表理事)

       第Ⅱ部 講演および演習(13:30~16:00)
        「人と地域を結ぶやさしい日本語 - 日常の生活場面で使ってみよう」
        講師:土井 佳彦 氏(多文化共生リソースセンター東海 代表理事)

◆対  象  日本語教室関係者、行政・市町国際交流協会職員、ボランティア、外国人支援者、多文化共生に関心を持つ方など、どなたでもご参加いただけます。

◆参 加 費  無料

◆定  員  各回50名(先着順)

◆申込方法  必要事項(氏名、所属、電話番号、メールアドレス等)を記載のうえ、ファックスまたはメールでお申し込みください。
         (第Ⅰ部、第Ⅱ部どちらか一方のみの参加も可能)



◆お申込・お問い合わせ
〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1-5-1 国際健康開発センター2F
(公財)兵庫県国際交流協会 多文化共生課
TEL:078-230-3261  FAX:078-230-3280 
Email:tabunka@net.hyogo-ip.or.jp
公益財団法人 兵庫県国際交流協会
〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1丁目5番1号 国際健康開発センター2F TEL 078-230-3260 FAX 078-230-3280
「本サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載、引用を禁じます。」 Copyright(C) Hyogo International Association AllRights Reserved.