更新日:2018年8月31日

ここから本文です。

東灘日本語教室

2013年11月27日(水曜日) 曇り

「ひがしなだ にほんご きょうしつ」では、げつ・すい・もく・きんようび は 13じから、どようび・にちようび は 11じから べんきょう できます。(かようび と しゅくじつは やすみです。)
ばしょは、こうべし ひがしなだく ふかえみなみまち 4-12-20-201 です。
べんきょう したいひとは、でんわ・メールを してください。

でんわ:078-453-7440
メール:hnk_inquiry@hotmail.com
HP:http://hnkdiary.blog121.fc2.com/

112701 112702

団体紹介

  • 阪神淡路大震災をきっかけに、日本に住む外国人をもっと理解し、支援しようという動きが強まり、1998年(平成10年)、東灘区の深江地区に多く暮らしている日系ブラジル人やペルー人の支援をするために設立された。
  • 現在は、日系人のほかに、東灘区に住む中国人やフィリピン人、教室の近くにある神戸大学海事科学部の留学生など、約60名が通っている。大人向けの日本語教室と、日本語の苦手な外国にルーツを持つ児童生徒を対象にした日本語による教科学習教室を実施している。
  • 火曜日と祝日を除く毎日13時(土日は11時)から18時まで開催しており、講師と相談しながら、学習時間・学習内容を決定している。
  • 日本語学習の支援をするボランティアは約40名在籍しているが、土曜・日曜を希望する学習者が多いこともあり、ボランティアが不足状況のため、希望者を募集している。
  • 日本語教室、教科学習教室の他に、新年会、子どもまつり、花見、七夕、花火大会などや地域住民との交流を図るため、外国料理の教室も開催している。

訪問場所

  • 東灘日本語教室(神戸市東灘区深江南町4-12-20-201)

教室の様子

外国人児童生徒向けの教室では、ペルー人の中学生が、ボランティア講師からマンツーマンで、日本語を教えてもらっていました。

大人向けの日本語教室では、中国、フィリピン、パナマ出身者4名が、ボランティア講師からマンツーマンで、「みんなの日本語」などを使用して、勉強していました。

平成25年度外国人県民・児童生徒の居場所づくり事業実施メニュー

  • 地域日本語教室(外国人向け)
  • 日本語教室・日本語による教科学習教室(外国人児童生徒向け)

前ページ次ページ

お問い合わせ

公益財団法人兵庫県国際交流協会 事業推進部 多文化共生課

〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1丁目5番1号 国際健康開発センター2F

電話番号:078-230-3261

ファクス:078-230-3280

 

スマートフォン版を表示する