ホーム > 取り組み紹介 > 多文化共生 > 多文化共生社会の実現 > 1 外国人児童生徒への学習支援 > 取り組み事例 取材先一覧 > 明石子どもクラブ:中国「残留日本人孤児」を支援する兵庫の会

更新日:2018年8月31日

ここから本文です。

明石子どもクラブ:中国「残留日本人孤児」を支援する兵庫の会

2014年01月18日(土曜日) 晴れ

「あかしこどもクラブ」は、ちゅうごくざんりゅう にほんじんきこくしゃの こどものための きょうしつです。
にほんごきょうしつは にちようび 9時30分から11時30分まで、ばしょは アスピアあかし(あかしし ひがしなかのちょう6-1)です。
ぼご(ちゅうごくご)きょうしつは どようび ごご6時30分から8時30分まで、ばしょは あかししょうコミセン(あかしし やましたちょう12-21)です。 
がっこうの べんきょうも できます。
イベントや おまつりも あります。
べんきょうしたいひとは れんらくしてください。

でんわ:080-3791-5174 (ありまさん)
メール:kumikoikou@yahoo.co.jp

011801 011802 011803

団体紹介

  • 2009年より、明石・舞子エリアに居住する中国残留日本人孤児の帰国者3世・4世(児童生徒)を対象にした母語(中国語)教室を開始
  • 神戸大学の中国人留学生や、中国で教師をしていた帰国者2世などがボランティア教師として教えている
  • 日本語・母語教室の他、進学のための教室もあり、スピーチコンテストなどのイベント活動も行っている

訪問場所

  • 明石市勤労福祉会館(明石市相生町2丁目7−12)

当日の様子

進学を目指すための教科学習教室では、中学生と高校生の受講者たちが、数学の問題に取り組んでいました。問題につまずくと、ボランティアの中国人留学生の先生が解き方のヒントを教えてくれます。学習者たちが自習をしながらわからない問題を解決していくマンツーマン対応の教室です。

平成25年度外国人県民・児童生徒の居場所づくり事業実施メニュー

  • 日本語教室・日本語による教科学習教室(児童生徒対象)
  • 母語教室・母語による教科学習教室(児童生徒対象)
  • 先輩に聞こう(児童生徒対象)
  • こころや進路のカウンセリング(児童生徒対象)
  • 活動支援(児童生徒対象)
  • 進学に向けた教科学習集中支援教室(児童生徒対象)

前ページ次ページ

お問い合わせ

公益財団法人兵庫県国際交流協会 事業推進部 多文化共生課

〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1丁目5番1号 国際健康開発センター2F

電話番号:078-230-3261

ファクス:078-230-3280

 

スマートフォン版を表示する