更新日:2018年8月31日

ここから本文です。

神戸定住外国人支援センター(KFC)

2016年01月22日(金曜日) 晴れ

「KFC」は、こうべし ながたくの アスタクエスタ(こうべし ながたく わかまつちょう4-4-10-501)に あります。
へいじつに にほんごきょうしつと、ぼご(ベトナムご、ちゅうごくご)で べんきょうできる きょうしつが あります。
きんようびには かがわきねんかん(こうべし ちゅうおうく あづまどおり5-2-20)でも きょうしつが あります。
べんきょうしたいひとは れんらくしてください。

でんわ:078-612-2402
メール:kfc@social-b.net
HP:http://www.social-b.net/kfc/main.htm

012201 012202

団体紹介

  • 1995年1月より地域の外国人住民(大人)のための日本語教室を開始(前身団体を含む)
  • 2005年7月より学校の宿題や教科学習の支援等を目的に子どものための学習支援教室を開始
  • 日本語教室・母語による教科学習教室の他、多言語による生活相談など定住外国人の自立・自活を支援するため、地域に根ざした様々なサポートを行っている

訪問場所

  • 賀川記念館(神戸市中央区吾妻通5-2-20)

教室の様子

訪問日には、小学生を対象に、「日本語による教科学習教室」と「母語による教科学習教室」を実施していた。参加者は小学生9人と幼稚園児2人で、国籍は中国8人、インド1人、パキスタン1人、アフガニスタン1人であった。

このうち、中国籍の小学生4人は神戸大学の中国人留学生とペアになり中国語で、残りの小学生5人は、日本人の支援者とペアになり日本語で教科学習を行っていた。教材は、学校の宿題や計算・漢字ドリルなどを使って、各ペアがそれぞれの言葉で熱心に学習に取り組んでいた。また、就学前の幼稚園児2人は、カードを使ってひらがななどを勉強していた。

平成27年度外国人県民・児童生徒の居場所づくり事業実施メニュー

  • 地域日本語教室(外国人県民向け)
  • 日本語教室・日本語による教科学習教室(児童生徒対象)
  • 母語教室・母語による教科学習教室(児童生徒対象)
  • こころや進路のカウンセリング(児童生徒対象)
  • 活動支援(児童生徒対象)
  • 進学に向けた教科学習集中支援教室(児童生徒対象)

前ページ次ページ

お問い合わせ

公益財団法人兵庫県国際交流協会 事業推進部 多文化共生課

〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1丁目5番1号 国際健康開発センター2F

電話番号:078-230-3261

ファクス:078-230-3280

 

スマートフォン版を表示する