更新日:2018年8月31日

ここから本文です。

日本語ボランティア「チャオ」

2016年12月14日(水曜日) 曇り

「にほんごボランティア「チャオ」」は、まいしゅう すいようびと どようびに にほんごの べんきょうを しています。
ばしょは、すいようび 15じ30ぷん からは 「ふきあいこうみんかん(こうべし ちゅうおうく まさごどおり 2-1-1)です。
すいようび 18じ から と どようび 9じからは 「せいしょうねんかいかん」(こうべし ちゅうおうく くもいどおり 5-1-2) です。
べんきょうしたいひとは れんらくしてください。

でんわ:090-2595-8654
090-3927-0964(ちゅうごくご)

121401 121402

団体紹介

  • 平成16年、神戸市内に在住する外国人の日常的日本語会話能力を向上させ、社会生活の促進を図るための教室を開始。
  • 神戸市立葺合公民館では、水曜日15時30分から17時まで、神戸市青少年会館では、水曜日18時から20時30分までと土曜日9時から12時まで、外国にルーツを持つ児童生徒を主な対象としつつ、大人に対しても日本語習得支援をマンツーマン形式で実施している。

訪問場所

  • 神戸市立葺合公民館(神戸市中央区真砂通2-1-1)

教室の様子

訪問日には、日本語教室・日本語による教科学習教室が開催されており、市内の小学校に通う外国にルーツを持つ児童4人と、外国人県民4人が参加していました。

教室では、支援ボランティアとマンツーマンのペアになり、小学生は学校の宿題や、国語、算数などのプリントに取り組んでいました。外国人県民は、それぞれのレベルや希望にあわせて、漢字や文法の勉強をする人、会話を中心に練習する人などがいました。漢字の勉強の中で、「師走」や「大晦日」などが出てくると、日本の年越しそばの風習なども話題にしながら、学習を進めていました。

平成28年度外国人県民・児童生徒の居場所づくり事業実施メニュー

  • 日本語教室・日本語による教科学習教室(外国人児童生徒向け)

前ページ次ページ

お問い合わせ

公益財団法人兵庫県国際交流協会 事業推進部 多文化共生課

〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1丁目5番1号 国際健康開発センター2F

電話番号:078-230-3261

ファクス:078-230-3280

 

スマートフォン版を表示する