更新日:2018年8月31日

ここから本文です。

城東町補習教室

2017年03月11日(土曜日) 曇り

「じょうとうまち ほしゅう きょうしつ」は、ひめじしにある きょうしつです。
どちようび 13じ30ぷんから しょうがくせい・ちゅうがくせい・こうこうせいが べんきょう しています。
ばしょは「じょうとうまち そうごう センター」(ひめじし じょうとうまち 122-2)です。
べんきょうしたいひとは れんらくしてください。

でんわ:079-282-0921(ひがし しょうがっこう・かながわ せんせい)

031101 031102 031103

団体紹介

  • インドシナ難民定住受入れのため、姫路定住促進センターが開設され、ベトナム人の子どもが多数住むようになったことから、平成11年10月に教室を開設した。
  • 毎週土曜日に外国にルーツを持つ児童生徒を対象に、日本語習得支援や日本語による教科学習支援を行っている。
  • 学習支援に加えて、クリスマス会、スピーチコンテスト練習、雪遊び、剣玉大会、ムーラン(ベトナムの獅子舞)の練習など、地域との交流や母文化を保持する活動なども行っている。

訪問場所

  • 姫路市立城東町総合センター(姫路市城東町122-2)

教室の様子

訪問日には、児童生徒向けの日本語教室・教科学習教室が開催されていました。

36人の学習者(小学生27人、中学生5人、高校生1人、就学前3人)が参加していました。小学生以下のグループは、学校の宿題やドリルなどに取り組み、中学生以上のグループは、将来の受験なども視野に入れて、英語などの教科学習をボランティア支援者と一緒に行っていました。

この日は勉強を早めに切り上げ、補習教室の先輩で、兵庫県立龍野北高校の看護科(5年制)を卒業したばかりの、チャンさんの体験談をみんなで聞きました。

チャンさんは、補習教室で学んできた自分の体験を踏まえ、自分から勉強することや考えることの大切さ、将来の進路を決めるときに悩んだことや参考にしたことなどを話していました。
小学校低学年の子どもたちも含め、全員が真剣な表情で先輩の話に聞き入っていました。

平成28年度外国人県民・児童生徒の居場所づくり事業実施メニュー

  • 日本語教室・日本語による教科学習教室(外国人児童生徒向け)
  • 先輩に聞こう!(外国人児童生徒向け)

前ページ次ページ

お問い合わせ

公益財団法人兵庫県国際交流協会 事業推進部 多文化共生課

〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1丁目5番1号 国際健康開発センター2F

電話番号:078-230-3261

ファクス:078-230-3280

 

スマートフォン版を表示する