ホーム > 取り組み紹介 > 多文化共生 > 災害時の外国人支援

更新日:2020年8月3日

ここから本文です。

災害時の外国人支援  

在住外国人が増加する中、災害時に外国人住民も被災者となるケースも増加している。言葉や文化の違いから、災害時に必要な情報を得ることが難しい外国人住民もいることから、特別な支援の必要性が想定される。そのため、災害時に外国人支援の役割を担う人材の育成を行うとともに、市町及び市町国際交流団体の取組を推進する。

 

<令和2年度>

災害時外国人支援助成事業

災害時に支援が必要となる外国人県民や、外国人支援者への防災・減災の普及啓発活動を支援するため、兵庫県内に所在し、国際交流活動や多文化共生に向けた活動に継続的に取り組む国際交流関連団体が、行政と連携して実施する各種事業に対して助成金を交付します。新型コロナウイルスの関係で、事業計画を変更している団体が見受けられることから、令和2年度に限り追加で随時募集を実施します。

実施要項(PDF:100KB)(別ウィンドウで開きます)

 募集要領(PDF:254KB)(別ウィンドウで開きます)

 

【対象事業(例)】

 令和2年10月1日から同3年3月31日までに実施する

 ・災害時の外国人支援に係る研修会事業

 ・避難所訓練事業

 ・多言語支援センター設置訓練事業

 ・多言語でのツール作成事業 等

【助成金額】

 助成対象経費の合計100千円まで

【申請期間】

 随時受付。ただし、予算額に達し次第、終了。

【申請書提出期限】

 事業着手日(助成交付対象となる期間開始日)の一か月前(必着) ※郵送または持参

【提出書類】

 ・助成金交付申請書(様式第1号) 様式第1号(ワード:22KB)(別ウィンドウで開きます)

 ・事業計画書(様式第2号) 様式第2号(ワード:22KB)(別ウィンドウで開きます)

 ・連携実施確認書(様式第2号別紙) 様式第2号別紙(ワード:19KB)(別ウィンドウで開きます)

 ・申請事業の詳細がわかる資料等

【選考及び結果通知】

 兵庫県国際交流協会において審査会を開催し、助成の採否及び助成額を決定します。

 審査結果は、採否にかかわらず通知します。

<令和元年度>

研修会の実施

1 災害時外国人支援セミナー

 ・時 期 11月29日

 ・参加者 46人

 ・内 容 「災害時の外国人支援について、国際交流協会・行政に求められる役割」

       講師:(一財)ダイバーシティ研究所 代表理事 田村 太郎

 

2 災害時通訳・翻訳ボランティア研修

 ・時 期 2月16日

 ・講 師  NPO法人多文化共生マネージャー全国協議会 大久保 雅由

 

災害時外国人支援助成事業

県内の国際交流団体が、行政と連携して実施する以下の事業に対し、助成する

 ・災害時の外国人支援に係る研修会事業

   ・避難所訓練事業

   ・多言語支援センター設置訓練事業

   ・多言語でのツール作成事業 等

   ・実績:4団体

 

団体名

事業内容

(公財)西宮市国際交流協会

災害時外国人サポーター養成研修

(公財)加古川市国際交流協会

災害時外国人支援セミナー、

避難所設置多言語支援キットの作成

高砂市国際交流協会

外国人・日本人対象 災害の知識や備えを学ぶ研修会

川西市国際交流協会

防災啓発訓練及びワークショップ

 

 

お問い合わせ

公益財団法人兵庫県国際交流協会 企画調整部 企画広報課

〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1丁目5番1号 国際健康開発センター2F

電話番号:078-230-3267

ファクス:078-230-3280

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

スマートフォン版を表示する