更新日:2018年8月31日

ここから本文です。

税金

1年以上日本に住んでいる人は、国や県・市町に税金を払わなくてはなりません。

所得税・住民税

所得税

国に納める税金です。1月1日から12月31日までの間に仕事をして、もらった金額によって金額が決まります。これ以外に、都道府県や市町に納める税金として、住民税などがあります。

確定申告・源泉徴収

商売をしている人などは、自分で収入や経費を計算して、税務署に申告します。これを「確定申告」といいます。会社員は、会社が毎月、給料から所得税を差し引いて納付します。これを「源泉徴収」といいます。

年末調整

1年間にもらった給料に課税される所得税と、毎月の給料から源泉徴収された金額は一致しないのが普通です。一年の最後に給料を支払うときに、税額の過不足を精算する手続きを年末調整といい、会社が行います。

医療費控除・扶養控除

多額の医療費を払ったり、子どもが生まれて家族が増えた人は、確定申告により税金の一部が返ってくることがあります。

自動車税・軽自動車税

毎年4月1日時点で、自動車や軽自動車などを持っている人にかかる税金です。県や市町から納税の通知書が届いたら、期限までに銀行やコンビニエンスストアなどで払います。

車検

車検(自動車検査登録制度)は、自動車が法律で定められた基準に合っているかを確認するために一定期間ごとに検査を行い、自動車の所有者を認証・登録する制度です。車検を受けないと厳しい罰則があります。点検は、自動車整備事業者などに依頼します。

名義変更・廃車したとき

自動車税・軽自動車税は車の所有者にかかる税金です。車を人にあげたとき、廃車にしたときは、兵庫県陸運局で手続きをしてください。手続きをしないとずっと税金を払わなければなりません。

 

お問い合わせ

公益財団法人兵庫県国際交流協会 事業推進部 外国人県民インフォメーションセンター 

〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1丁目1番3号 神戸クリスタルタワー6階(兵庫県民総合相談センター内)

電話番号:078-382-2052

ファクス:078-382-2012

 

スマートフォン版を表示する