ホーム > ”応援しよう”ひょうごの仲間 > 【第16回】国際交流協会を通して、友情の輪を広げる

更新日:2020年3月4日

ここから本文です。

【第16回】国際交流協会を通して、友情の輪を広げる

ユリヤ・シャルノワ紹介画像-2

氏名:ユリヤ・シャルノワ
職業:主婦・ボランティア
出身国:ロシア
推薦者:宝塚市国際交流協会

ユリヤ・シャルノワ風景1(4) ユリヤ・シャルノワ風景2-2

  • どんな仕事をしていますか?
    専業主婦です。家族は4人で長男は日本生まれです。宝塚市国際交流協会(TIFA)を通して、地域のみなさんとの交流を楽しみながら友情を育んでいます。来年2月にはTIFAのロシア料理教室を担当する予定です。
  • 日本に来る前は、どんな仕事をしていましたか?
    ロシアでは飲料水販売の会社で営業の仕事をしていました。会社でも地域でも身の回りに日本との接点は全くなくて、こうして日本に来ることになるとは想像もしていませんでした。
  • 日本に来たきっかけは何ですか?
    研究者である主人の仕事で日本に来ました。主人は日本が大好きで、家族も日本が大好きになりました。11年前、長女が1才の時に家族で新潟の小さな村に移り住みました。その後、この美しい宝塚に住んで3年になります。
  • 話せる言葉は何ですか?
    ロシア語、日本語、英語です。
  • あなたの国のPRをしてください。
    ロシアは世界で最も広くて大きな国で、水や森といった豊かな自然に恵まれています。皇帝時代に築かれた「サンクト・ペテルブルグ歴史地区と美しい建造物群」は世界遺産に登録されているほどで、世界中から来る人たちを魅了しています。
  • 一番好きな日本の場所は?
    長野県の上高地です。家族で秋に2度訪れたことがありますが、とても美しいところです。
  • 一番好きな兵庫県(日本)の食べ物は?
    新鮮でおいしい日本のお寿司、特にサーモン、マグロ、サバ寿司が好きです。ロシアでもお寿司が食べられますが、日本のものとは異なります。新鮮な魚が手に入らなので、チーズや燻製・塩漬けの魚を使った寿司になります。
  • 好きな言葉は何ですか?その理由は?
    好きな言葉を選ぶのはなかなか難しいのですが、日本語の「も」という音の響きが好きです。「もも」「もったいない」などのやさしい音が耳に心地良く感じられます。また「ふわふわ」「どきどき」などのオノマトペは、ワクワクと楽しい気持ちになります。
  • 休みの日は何をして過ごしていますか?
    旅行が好きで山登りや温泉を楽しみます。山好きの主人の後について、私と子どもたちも何とかして山を登っていくのですが、登りきった時のすがすがしさは言い尽くせないほどです。
  • 将来の夢や目標を聞かせてください。
    もっと勉強して、日本語がさらに話せるようになりたいと思っています。
  • 海外からくる人々に兵庫県(日本)のPRをお願いします。
    日本は春と秋が特に美しく、大変暮らしやすい国です。ロシアから訪れた親族も、みんな日本のことが気に入っています。日本のみなさんはとても優しくて、いつも必要な手助けをして下さいます。
  • 日本の皆さんに一言
    私が住んでいる宝塚の国際交流協会は、イベントやコミュニティ活動の中心となる場所です。そこで日本語を学び友達を作って、さまざまな方達とつながることができています。私にとって、このような居場所はとても大切です。日本のみなさんも、地域の日本人と外国人が親しく関わることのできる国際交流協会のような場所を見つけて、積極的に関わっていただければ嬉しいです。

お問い合わせ

ひょうご国際交流団体連絡協議会    

〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1丁目5番1号 国際健康開発センター2F 公益財団法人兵庫県国際交流協会内

電話番号:078-230-3267

ファクス:078-230-3280

 

”応援しよう”ひょうごの仲間

スマートフォン版を表示する