ホーム > ”応援しよう”ひょうごの仲間 > 【第21回】国境を越えて若者の希望を支えたい

更新日:2020年3月4日

ここから本文です。

【第21回】国境を越えて若者の希望を支えたい

ニャーナー・ランカーラ紹介画像

氏名:ニャーナー・ランカーラ
職業:スリランカ寺関西 駐日日本代表
出身国:スリランカ
推薦者:伊丹市国際交流協会

ニャーナー・ランカーラ風景1 ニャーナー・ランカーラー風景2

  • 日本でどんな仕事をしていますか?
    約33年前に来日し、僧侶として活動しています。
    伊丹市のスリランカ寺関西を拠点に、名古屋の大学で講義をしたり、母国スリランカの4つの幼稚園の運営もしています。
  • 日本に来る前はどんな仕事をしていましたか?
    スリランカで14歳で出家得度(※僧侶入門の儀式を受けること)してから、大学で仏教を学んでいました。大学時代に日本語も学んでいました。
  • 日本に来たきっかけは何ですか?
    大学で日本語を勉強しながら、実際に行ってみたいと思っていました。その頃、スリランカで出会った日本人の友人に紹介されたことがきっかけで来日することが出来ました。最初は徳島で日本語を学び、その後、高野山大学で7年間、学びました。
  • 話せる言葉は何ですか?
    シンハラ語、日本語、英語です。他に、パーリ語(仏教の経典で使用される言語)も習得しています。
  • あなたの国のPRをしてください。
    スリランカは2600年の古代仏教の歴史がある国で、世界遺産も数多くあります。海がとても綺麗で、マングローブが見られるリゾート地でもあります。また紅茶のセイロン茶、宝石の産地としても世界的に有名です。
  • 一番好きな日本の場所は?
    京都と奈良が好きで、僧侶という職業柄、お寺の庭が特に好きです。
  • 一番好きな兵庫県(日本)の食べ物は?
    スリランカにはない梨が好きです。スリランカもそうですが、日本は果物がとても美味しいです。漬物や高野豆腐も好きです。
    宗教柄、豚や牛は食べません。
  • 好きな言葉は何ですか?その理由は?
    「ありがとう」という言葉です。私たち人間にとって難しいものですが、お互いに“ありがとう”という感謝の気持ちと喜びを持つことが何より大切です。
  • 休みの日は何をして過ごしていますか?
    本を読んだり、ニュースを見たりしています。時間があれば、本当は旅に出たいです。
  • 将来の夢や目標を聞かせてください。
    特に若い人たちや子供たちに向けて、彼らの希望の支えとなるような活動をしていきたいと思っています。人生は有限なので、悩んでいるような若い人たちを支えたいです。全ての子供たちが安心出来る環境も必要です。
  • 海外からくる人々に兵庫県(日本)のPRをお願いします。
    兵庫県は見どころが沢山ある素晴らしい地域です。震災のモニュメントで私達は災害について学ぶこともできますし、神戸は国際的で近代的な町です。環境もよく、便利でどこに行っても料理が安全で美味しいです。私が長年住む伊丹市もとても便利で住みやすい町です。
  • 日本の皆さんに一言
    日本は、努力すれば成功できる国です。こんな素晴らしい国は他にありません。努力をあきらめないでください。健康、喜び、信頼関係を大切にして、特に若い人たちに安心して頑張ってほしいです。海外にも積極的に行ってみて下さい。異文化と触れることは苦労することもありますが、学ぶことも沢山あります。私の母国、スリランカにも是非遊びに行って下さいね。

お問い合わせ

ひょうご国際交流団体連絡協議会    

〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1丁目5番1号 国際健康開発センター2F 公益財団法人兵庫県国際交流協会内

電話番号:078-230-3267

ファクス:078-230-3280

 

”応援しよう”ひょうごの仲間

スマートフォン版を表示する