ホーム > ”応援しよう”ひょうごの仲間 > 【第8回】支援できる喜び

更新日:2020年3月4日

ここから本文です。

【第8回】支援できる喜び

鎌谷 静香紹介画像

氏名:鎌谷 静香
職業:中国語相談員
出身国:中国
推薦者:姫路市文化国際交流財団

鎌谷 静香風景1 鎌谷 静香風景2

  • どんな仕事をしていますか?
    姫路市役所と国際交流センターのボランティアグループ「ひめじ発世界」で、中国語相談員をしています。弟が日本の職場のトラブルで困っていた時、ボランティアのみなさんのおかげで、問題が解決しました。日本人の心の優しさに感動した私が、今は相談員として中国の方々を支援できるのはうれしいです。また、公民館で中国語を教えています。
  • 日本に来る前は、どんな仕事をしていましたか。
    中国の市役所で、会計と税理の仕事をしていました。
  • 日本に来たきっかけは何ですか?
    日本のことが大好きな父の薦めもあり、岡山の大学に3ヶ月間留学しました。その時の日本の印象がとても良く、日本のことをもっと知りたいと思い、その後、姫路の大学で日本語を学びました。現在は結婚して姫路に住んでいます。
  • 話せる言葉は何ですか?
    中国語、日本語、英語。播州弁が少し出てくることもあります。
  • あなたの国のPRをしてください。
    私のふるさと、中国遼寧省・瀋陽にある故宮博物院は国家遺産ですので、ぜひ観に来ていただきたいです。また、中国東北部に位置するハルビン市は冬の気温がマイナス40℃にもなり、氷の町として知られています。なかでも世界三大氷祭りの一つに数えられる「ハルビン氷祭り」が有名です。
  • 一番好きな日本の場所は?
    今住んでいる姫路が一番好きです。岡山で暮らしていた時、中国にいる友人にポストカードを送ろうと大原美術館を訪れました。そこで、姫路城の四季の絵ハガキセットに出会い、姫路の美しさに魅了されました。初めて姫路に来たのも春でしたが、桜の季節は感動的です。
  • 一番好きな兵庫県(日本)の食べ物は?
    「御座候」の回転焼きです。留学時代にアルバイト先の中華料理店の社長が、シュウマイやチャーハンと一緒にごちそうしてくれました。食べるたびに、はじめて食べた時の美味しさと社長の優しさを思い出します。
  • 好きな言葉は何ですか?その理由は?
    「一期一会」と「感謝」です。日本では、お客様に対する感謝の気持ちと笑顔を忘れないようにと教わりました。中国では一般的に、お客様に対して感謝の気持ちは表しません。ひとつひとつの出会いを大切にする気持ちと感謝する心は、日本の美徳だと思います。
  • 休みの日は何をして過ごしていますか?
    ドライブが好きなので、田舎に出かけて温泉でのんびりリラックスします。美しい春・秋は京都のお寺を巡ります。また、茶道、着付、料理教室に行き、日本文化に親しんでいます。
  • 将来の夢や目標を聞かせてください。
    九州の桜島に行ってみたいです。
  • 海外からくる人々に兵庫県(日本)のPRをお願いします。
    日本では、四季折々の美しい自然の風景を楽しむことができ、素晴らしい場所が数え切れないほどあります。また、日本人は正直で安心できる国民です。みなさんぜひ日本に来て下さい。
  • 日本の皆さんに一言
    日本のみなさんは、優しさをもっとアピールして、日本人に対する中国人の見方を変えてもらいたいです。また、日本のみなさんは謝りすぎているように感じます。相手に対してもっと意見をはっきり伝えて、説明してもよいと思います。

お問い合わせ

ひょうご国際交流団体連絡協議会    

〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1丁目5番1号 国際健康開発センター2F 公益財団法人兵庫県国際交流協会内

電話番号:078-230-3267

ファクス:078-230-3280

 

”応援しよう”ひょうごの仲間

スマートフォン版を表示する