ホーム > ひょうご国際交流団体連絡協議会 > ”応援しよう”ひょうごの仲間 > 【第35回】赤ちゃんから始まった日中交流

更新日:2021年3月8日

ここから本文です。

【第35回】赤ちゃんから始まった日中交流

孫さん

 

氏名:孫 卉雯(ソン キブン)

職業:会社員

出身国:中国

推薦者:尼崎市国際交流協会

   

孫さん2

孫さん3

孫さん4

 

●どんな仕事をしていますか?

大学院修了後、日本企業に就職し、社会人3年目です。資料の作成やデータ分析、現場でのサポート、人材育成など様々な業務を担当しています。
今の企業に就職した理由について、今の会社では多くの外国籍の社員がいろんな部署で活躍していて、国籍や肌の色にかかわらず、みんなが同じキャリアパスを踏んで進めるところが魅力的だと感じたからです。入社してからの3年間、外国人だからでなく個人として評価をしてくれる職場に出会えてよかったと思います。



●日本に来る前は、どんな仕事をしていましたか?

大学生でした。
母が昔、地元の上海で30年間日中交流事業に携わっていて、母のお腹にいながらも、日本から来られた訪中団のツアーに「参加」していました。学生時代は休みの日に日中交流のイベントによく連れられて行っていました。赤ちゃんの頃から様々な日中交流活動に携わっていたと言えます。



●日本に来たきっかけは何ですか?

大学院に進学するためです。
アメリカの大学院も探していましたが、たまたま当時私がやりたかった、学部のときにやっていた研究と阪大の教授がやっていた研究が一番近く、先生に手紙を書くと見に来てくださいと言われて行くことになりました。



●話せる言葉は何ですか?

中国語、英語、日本語。それに地元上海の方言です。
英語は学校での必修科目なので、授業で学びました。日本語は勉強したことはないのですが、母が小さいころから中国語と日本語で話しかけてくれたり、耳に入る会話が日本語だったりしたので、自然に理解できるようになりました。



●あなたの国について教えてください。

出身は中国の上海市です。皆様ご存知の通りの魅力的なモダンシティです。
上海について、「何がある?」と聞かれたら答えに困ります。それは、ないものがないからです。
「何処がおすすめ?」と聞かれたら困ります。おすすめしないところがないからです。
日本を知ろうと、日本に来た私たちのように、一度訪れてみてください。今まで見てきた・見なかった・見ないことにした中国について、色々見えてくるはずです。
ちなみに、一番好きな上海の景色は、真っ暗な夜空に離陸した飛行機から見下ろした輝かしい街並みです。



●一番好きな日本の場所は?

場所と言えば、サンリオショップです。サンリオのキャラクターのキティちゃんからパワーをもらっています。
観光地と言えば、直島がおすすめです。兵庫県内では、舞子公園明石大橋の真下で淡路島を眺められるところが私のパワースポットです。



●一番好きな兵庫県(日本)の食べ物は?

淡路島の玉ねぎです。
淡路島の玉ねぎは圧倒的においしいと思います。スーパーで玉ねぎを買うときは、絶対に原産地を確認します。



●好きな言葉は何ですか?その理由は?

「かわいい、なかよく、助け合い」―ハローキティの座右の銘です。
「かわいい、なかよく、助け合い」に満ち溢れる世界を想像してみてください。とても、とっても素晴らしいではないでしょうか?



●休みの日は何をして過ごしていますか?

基本的には推し事にお金を使っています。コロナ禍の前には旅行もよく行きましたし、コロナ中はオンラインでのイベントがいろいろあります。
他には、アメリカにいる地元の親友たちと月一でZoom女子会をしたり、都合が合えば、尼崎国際交流協会のイベントや各種団体主催の講演会に行くようにしています。自分のためにもなるし、時に知り合いの外国籍の後輩を連れていってあげたりもしています。初めて日本に来られた留学生の多くは日本人と知り合う機会が少なく、方法もわからないので、できるだけのサポートをしたいです。


●将来の夢や目標を聞かせてください。

日本で働き、日本で暮らし、旅行で47都道府県を制覇し、南極も北極も行ってみたいです。死ぬ前に本でも書こうかと思っています。


●海外から来る人々に兵庫県(日本)のPRをお願いします。

兵庫県は、ばり広いって知っとぉ?地理的にも、見上げる空も、自然の味覚の豊かさも、ここに暮らしている人々の心もやで。


●日本の皆さんに一言

私と友達になりましょう。
これからも、交流と名付ける虹のかかった美しい空が、日本と世界中の皆様の前に広がりますように。


●取材後記

明るく可愛らしい孫さんですが、お話を聞いていると逞しさが伝わってきました。積極的に外国籍の知人へ手を差し伸べるなど、地域の国際交流に貢献してくださっている孫さんを応援したいと思います。

お問い合わせ

公益財団法人兵庫県国際交流協会 企画調整部 企画広報課

〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1丁目5番1号 国際健康開発センター2F

電話番号:078-230-3267

ファクス:078-230-3280

 

”応援しよう”ひょうごの仲間

スマートフォン版を表示する