ホーム > 交通事故・災害

更新日:2020年12月24日

ここから本文です。

交通事故・災害

事故、火事、どろぼうが あなたの ものを とった ときは 警察に 連絡しなければ なりません。地震が あったり、 台風が 近くに 来た ときなどは 役所の ホームぺージなどで 新しい お知らせを よく 見て ください。

交通事故<車、バイク、自転車の 事故>

あなたが 事故を おこしたとき

すぐに 車を 安全な 場所に とめて、警察に 電話して ください。警察の 電話番号は 110番です。けがを した 人が いるときは 119番に 電話をして、 救急車<病気や けがを した 人を 運ぶ 車>を 呼んで ください。自分で 電話が できない ときは 近くの 人に 「救急車を 呼んで ください」と 言って ください。

あなたが 事故(じこ)に あったとき

すぐに 警察(電話番号は110番)に 電話を して ください。それから、事故を 起こした 人の 名前、住所、電話番号、車の ナンバー<車に ついている 番号>を 聞いて ください。事故を おこした 人に あなたの 名前、住所、電話番号を 教えます。警官が きたら、事故証明<事故のことを 書いた 紙>を もらいます。事故証明は 保険の お金を もらう とき 要ります。

自動車保険<車の 保険>

車を 持って いる 人は 必ず 自賠責保険<あなたが 事故を おこして 他の 人 が けがを した とき その 人に お金を 払う 保険>に 入らなければ なりません。 保険の会社などの 自動車保険に 入ることも できます。事故で お金をたくさん 払わなければ ならないとき、この 保険を 使います。

自転車保険(自転車の 保険)

兵庫県では 自転車を 持っている 人は 自転車保険に 入らなければ なりません。あなたが 自転車に 乗っている ときに けがを したり、 他の 人が あなたの 自転車で けがを した ときに 保険で お金を 払うことが できます。

台風、地震、津波、火事(「災害」と言います)

兵庫県では 災害が おきた ときに 外国人向けに 外国語で 情報を 伝えて います。登録すると メールで 情報を 受け取る ことが できます。

ひょうご防災ネット

災害の とき 天気や どうやって 逃げるかに ついて 知らせる ホームページです。

ひょうごE(エマージェンシー)ネット

災害に ついて いろいろ 知る ことが できます。英語、中国語(简体字・繁体字)、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、ベトナム語、フランス語、ドイツ語、インドネシア語、イタリア語、タイ語で 読むことが できます。

火事

出かける ときや 寝る 前には、 火を 消したか どうか 見て ください。火事の ときは 大きい 声で 「火事だ」と 言ってください。自分で 火が 消せない ときは すぐに 消防署(電話番号119番)に 電話して ください。

どろぼう など

泥棒が あなたのものを とった ときや 他の 人が あなたに けがを させた とき

泥棒が あなたのものを とった ときや 他の 人が あなたに けがをさせたとき 近くの 交番か 警察に 行って ください。急いでいる ときは 警察(電話番号110番)に 電話して ください。

うその 話を 聞いて その 人に お金を あげて しまった とき

悪い 人が 電話や メールで うその 話を して あなたから お金を とったり します。話が うそか どうか 分からない とき、 お金を 出す 前に 家族や 警察に 相談して ください。

相談する ところ

兵庫県交通事故相談所、市役所などでの相談窓口、弁護士相談など

※次の 言葉が 使えます
日本語

兵庫県国際交流協会 外国人県民インフォメーションセンター

※次の 言葉が 使えます
日本語、英語、中国語、ポルトガル語、スペイン語、やさしい日本語

通訳が 要る ときは 連絡して ください。

※次の 言葉が 使えます
日本語

 

お問い合わせ

公益財団法人兵庫県国際交流協会 事業推進部 外国人県民インフォメーションセンター 

〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1丁目1番3号 神戸クリスタルタワー6階(兵庫県民総合相談センター内)

電話番号:078-382-2052

ファクス:078-382-2012

 

スマートフォンばん表示ひょうじする